シェーン・ドリアン ヴァリアルフォーム

ビッグウェイブサーファーとしての印象が今では強いのですが、ファンウェイブでのアクションも現役コンテストサーファーに引けを取らない上手さを見せる元WCTサーファーのシェーン・ドリアン「Shane Dorian」(43歳)。

今回の動画は、シェーンが現在お気に入りであり、世界初のハイパフォーマンスフォームと謳われているヴァリアルフォーム(Varial Foam)を使用したサーフボードでのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク

サーフボードのフォームについて

サーフボードの根幹となるフォームは、以前であればPUボードと呼ばれるポリウレタンフォームが主流でした。しかし、現在では多様化し、ヴァリアルフォームが誕生したというわけです。

ちなみに、サーフボードが手元にあっても、壊れていない限りフォームに触れることはできません。その理由は、サーフボードのフォームは、ガラスクロスと樹脂でコーティングされているためです。

分かりやすいのか分かりにくいのか判断が付きませんが、ショートケーキで言えば、中のスポンジ部分がフォーム、外側の生クリームがガラスクロス&樹脂といった所でしょうか。

ヴァリアルフォームの特徴

航空宇宙産業の素材を取り入れた世界初のハイパフォーマンスフォームと言うだけあり、ヴァリアルフォームには、従来のPUフォームと比べると、いくつも違いがあります。

・25%軽量(持ち運びが楽)
・強度が30%アップ(壊れにくい)
・100%紫外線カット(ボードが黄ばまない)

上記の点に加え、PUボードでは定番だったストリンガー(ノーズからテールまでボードの真ん中を伸びる木材)を必要とせず、フォームの密度が濃い事から、体重を乗せてからのボードの反応の早さやスピードが桁違いとのこと。

シェーン・ドリアンのコメント

最近では、すっかりとヴァリアルフォームを使ったボードにハマっているというシェーン。では、どういった点に魅了されているのか。

軽量で耐久性があるのは事実と切り出すシェーン。パフォーマンス性能に関しては、これまでのフォームのボードよりも明らかに高いとのこと。

気に入っている点は、特に小波でアクションをした時、ボードに伝わる波のパワーが、そのまま足にも伝わってくるというところ。言ってみれば、ボードの反応が良いという事です。英語で言えば、「Responsive」なボードというわけです。

まとめ

個人的な意見として、サーフィンではターンしようと体重移動をしても、スケートボードやスノーボードと比べるとワンテンポ遅れてボードが動く印象があります。ボード自体が大きいので、当然なのですが、この点こそ、初心者がサーフィンって難しいと感じる理由の一因だと思います。

しかし、今回の動画を見ると、シェーンが体重移動で体を入れるのと同じくらいのタイミングでボードが反応しているように見えます。となれば、今まで以上に短期間でサーフィンって楽しい!と思えるレベルに到達しやすくなるのではないでしょうか。

非常に興味深いフォームであり、是非とも試してみたくなります!!下記リンク先から、楽天市場で販売されているヴァリアルフォームを使用したサーフボードをチェックできます。

ヴァリアルフォーム使用のサーフボード一覧@楽天市場

シェーン・ドリアンの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

マウイ島ジョーズでのパドルインサーフ仕様の特注ボード:シェーン・ドリアン

真骨頂のビッグバレルシーンも収録のフリーサーフ:シェーン・ドリアン

シェーン・ドリアン&JOBによる2in1バレル@メキシコ

マウイ島ジョーズを攻めるシェーン・ドリアン特集

ビラボンXXLの「Ride of the Year」確定に限りなく近いシェーン・ドリアンのスーパーライド

今シーズン最大級の波がブレイクするフランスへ:シェーン・ドリアン

ビラボンXXLの「Ride of the Year」にエントリーしたシェーン・ドリアンのジョーズチャージ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事