セス・モニーツ ハワイ

ハワイを代表するトップレベルの若手サーファーであるセス・モニーツ「Seth Moniz」(18歳)。姉に2×ロングボードチャンピオンのケリア・モニーツを持つサーフィンエリートのモニーツ家の末っ子ですね。

今回の動画は、セス・モニーツによるフリーサーフ映像をお届けします。エアリアルといったトリック系から、ビッグサイズのパイプラインと幅広いコンディションが見所。


スポンサーリンク


18歳という若手ながら、順調に成長すればWCTサーファーになること間違いなしと目されているセス。その理由は、昨年2015のNSSAでの優勝が挙げられます。

これまでにワールドチャンピオンになったサーファーや、ワールドツアー入りして活躍したアメリカ人サーファーの大半が、若手時代にNSSAのタイトルを獲得しているのですから。

そんなセスですが、コンテストに強いということは、ワイプアウトの少ない安定したサーフィンが特徴。しかし、無難なライディングに徹しているわけではありません。以前に紹介した下記記事を見ても分かる通り、常に進化を求めるイノベイティブなアプローチも見せます。

セス・モニーツによる限りなくメイクに近いエアリバース540

今回の動画を見ても、ローテーションのバリエーションを変えたりと、非常に斬新なアプローチが目に付きます。その上、ビッグサイズのパイプラインまで攻めるサーフィン。

現在は体の線が細いというのも手伝い、ワールドツアー入りすればガブリエル・メディナのような存在になるのではと感じてしまいます。体格も出来上がってきて、ハワイアンらしいパワフルなラインも加われば、コンテストでは手が付けられない存在になりそうですね。

セス・モニーツに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

サウスショアが舞台のオアフ島サマースウェルサーフ:ジーク&セス

ビラボンの若手がサリナクルス(メキシコ)へトリップ:ジョシュア/セス/グリフィン

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事