毎年、コンテストシーズンの最終地となっているのが、サーフィンの聖地であるオアフ島ノースショア。そのノースショアにおいて、今年2014年は11月12日~12月20日の間に開催される3つのコンテストをまとめ、シリーズイベントとして行われているのが名誉高いトリプルクラウン(正式名:The Vans Triple Crown of Surfing)です。

シリーズイベントという事で、各コンテストでの獲得ポイントの合計によって、トリプルクラウンの称号が誰に渡るのか決定します。各コンテストの詳細は以下の通り。

リーフ・ハワイアン・プロ(WQSプライムイベント)
・ウェイティングピリオド:11月12~23日
・開催地:ハレイワ
・昨年優勝者:ミシェル・ボウレズ
・賞金総額:25万ドル

バンズ・ワールド・カップ・オブ・サーフィン(WQSプライムイベント)
・ウェイティングピリオド:11月24~12月6日
・開催地:サンセット
・昨年優勝者:イズキール・ラウ
・賞金総額:25万ドル

ビラボン・パイプ・マスターズ(ワールドツアーイベント)
・ウェイティングピリオド:12月8~20日
・開催地:パイプライン
・昨年優勝者:ケリー・スレーター
・賞金総額:50万ドル

昨年、トリプルクラウンを制したのは、2011年に続いて2度目となったジョンジョン・フローレンス。過去には4回以上トリプルクラウンの称号を獲得したサーファーがいて、サニー・ガルシア(6回)、アンディ・アイアンズ(4回)、デレク・ホー(4回)となり、いずれもハワイアンサーファーという点に、ローカルの強みを感じさせます。

上記イベントはメンズのみとなり、ここ数年のハワイで、ウイメンズのイベントは開催されていません。しかし、今年はウイメンズイベントが2つ開催予定。一つ目は、ウイメンズのワールドツアーイベント最終戦となるターゲット・マウイ・プロ。こちらは、オアフ島ではなく、マウイ島のホノルア・ベイでの開催。

もう一つのイベントが非常に興味深く、ASPスペシャルティイベントとしてオアフ島のパイプラインで開催されるウイメンズ・パイプ・インヴィテーショナル。8名の招待サーファーで行われるそうです。

実は2010年にも、特別ヒートといった感じでウイメンズサーファー4名が、パイプラインでヒートを行っています。その時は、パドルをしても波に追いつけなかったりと、波に乗れることのできるサーファーがほとんどいなく、ステファニー・ギルモアがバックドアのバレルを一本だけメイクし、そのライディングのみで勝利しました。

しかし、昨今のウイメンズサーファーのレベルが上がっているのは間違いありません。そのため、どのようなパフォーマンスが見れるのか、とても楽しみです。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事