「 テクニック 」一覧

ジョンジョン・フローレンスがコナウィンドが吹くバックドアで特大アーリーウープ

パイプマスターズがレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)となっていた12月17日(土曜)。理由としては、パイプラインではコナウ...

記事を読む

<必見>世界初となるBSエアリバース540をアルビー・レイヤーがメイク

モダンサーフィンにおいて欠かせないマニューバとなっているエアリアル。そんなエアリアルは進化を続けていますが、メインとなるローテーショ...

記事を読む

チョープーでバレルメイク不可能と瞬時に判断したローリー・タウナーの華麗なエスケープ

10代の頃にタスマニアのシップスターン・ブラフにチャージした事で当時は大きな話題となったオーストラリア出身ビッグウェイブサーファーの...

記事を読む

【テクニック】カリッサ・ムーアのFS(フロントサイド)パワーカーヴ

パワフルに波をえぐるカーヴィングを武器に、3度のワールドチャンピオンに輝いたハワイアンサーファーのカリッサ・ムーア「Carissa ...

記事を読む

クリード・マクタガート

クリード・マクタガートが「バックフリップ」風のエアリアルをメイク

若くしてフリーサーファーの道を選んだオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州出身のクリード・マクタガート「Creed McT...

記事を読む

パドリングで乗る位置や体勢など:サーフィン初心者が覚えておくべきパドルのコツ

サーフィンとは日本語で「波乗り」と呼ばれるので、波に乗ってこそのスポーツ。しかし、サーフィンをしようと海に入っている時間の大半は、パ...

記事を読む

海で安全に遊ぶために知るべき離岸流(リップカレント)のメカニズム

海水浴客が増える夏場になると耳にする機会が増加する離岸流による海での水難事故。離岸流は、英語ではリップカレント(Rip Curren...

記事を読む

キース・マロイが語るボディサーフィンで波に乗るためのコツ

波に乗るための一つの種類であるボディサーフィン。サーフボードやボディボードといった浮力のある道具を使わず、自分の体だけで波のパワーを...

記事を読む

ジョシュ・カーが解説するアーリーウープのメイク方法

エアリアルのバリエーションの一つであるアーリーウープ(ALLEY-OOP)。トップアクションのスナップ(日本語では「リップ」や「リッ...

記事を読む

若かりし頃のジュリアン・ウィルソンが日本で初メイクした新ムーブ「スシロール」

現在では斜めのローテーション(回転)といった一見すると何をしているのかよく分からないバリエーションが増えてきたエアリアル。そんなエア...

記事を読む

アルビーに続いてジョンジョン・フローレンスもメイク寸前のBSエアリバース540

先日お届けしたアルビー・レイヤーによるぶっ飛びエアリアル満載の動画。中でも、バックサイドのエアリバース540はメイクこそできていませ...

記事を読む

ジョーディ・スミスから学ぶカーヴィングマニューバ「フロントサイドラップ」

様々なタイプの波質のサーフスポットで開催されるワールドツアー。近年ではエアリアルも必須のマニューバとなっているものの、コンスタントに...

記事を読む

カリッサ・ムーアと一般サーファーの映像比較から見えるボトムターンのコツ

サーフィンにおいて基礎となるボトムターン。トップアクションを成功させるには、いかにボトムターンでボードをドライブさせてスピードを付け...

記事を読む

波に乗り遅れないよう爆発力のあるパドルパワーを生み出すテクニック

ラインナップでセットが入ってくるのが見え、乗ろうと思ってパドルでポジションを移動したものの、あと一歩でボードが走り出さずに逃してしま...

記事を読む

マット・ウィルキンソン ブローテール バックサイド

ウィルコが解説するバックサイドのブローテールのメイク方法

波のフェイス上ではなく、英語では「above the lip」と呼ばれるエアリアルなどといったリップを飛び越えたアクションが一般的と...

記事を読む

テイクオフ

テイクオフを見直そう!初心者サーファーにありがちなミスTop10

波乗りのスタートとなるテイクオフ。これが出来なければ、ライディングが始まりません。ただ、自分ではできてると思っても、間違えている点も...

記事を読む

ドイツ ミュンヘン アイスバッハ キックフリップ

アイスバッハ川(ドイツ)のリバーサーフィンでお医者さんがキックフリップをメイク

海のないドイツのミュンヘン。そんな環境にありながら、ウエットスーツ姿でサーフボードを脇に抱えたサーファーの姿を目にすることがあります...

記事を読む

FCS II フィン

フィンキー要らずのFCS II:コロヘ・アンディーから学ぶフィンの取り外し方

サーフボードに必要不可欠なフィン。昔であれば、サーフボード自体にフィンが取り付けられたオンフィン(英語ではglass on fin)...

記事を読む

ジョンジョン・フローレンス アーリーウープ

新作ムービーに収録された特大アーリーウープの解説動画:ジョンジョン・フローレンス

世界同日プレミア試写会を終え、12月1日の新作シグネチャームービー「View From A Blue Moon」リリースも迫ってきた...

記事を読む

サーフィン界の神が見せたコンテストでのベストエアリアル2選:ケリー・スレーター

11×ワールドチャンピオンであり、今なお進化し続ける生きるレジェンドことケリー・スレーター「Kelly Slater」(43歳)。ケリー世代...

記事を読む