ハワイの現地時間12月13日に開催されたパイプマスターズのラウンド2。あまりにトリッキーなコンディションとなり、ロースコアのヒートが目立つ展開となったのは、先日のコンテスト記事に書いた通りです。

そこで、運営サイドはラウンド2の終了と同時にon hold(コンテスト再開が可能なコンディションに改善するのか待機)を一時間ほど取りましたが、今日は良くならないとの判断を下し、その日のコンテストは終了しました。

しかし、自然とは予想もつかないもの。その後しばらくすると、コンテストを終えたパイプラインは、今シーズン一番のコンディションになったそうです。その際に繰り広げられたフリーセッションが、今回の動画となります。

サーフシーンがスタートするのは、0:57~からとなります。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事