ニック・ヴォン・ラップ

ポルトガル出身のニック・ヴォン・ラップ「Nic von Rupp」(25歳)。WQSイベントにも参加しているプロサーファーであり、2014年には地元ポルトガルで開催されたWCTイベントにワイルドカード出場を果たしています。

ツアーノートbyハーレー:ワイルドカードのニック・ヴォン・ラップ

今回の動画は、ニック・ヴォン・ラップが2014年と2015年のヨーロッパのウインターシーズン×2において、ベストウェイブを求めてサーフハントした際の17分に渡る映像をお届けします。


スポンサーリンク


近年、ビッグウェイブシーンで話題を集めているヨーロッパ。そんなヨーロッパのウインターシーズンにスラブ(slab:底ボレするバレル)を求めて飛び回ったというニック。

ヨーロッパ内であれば、2時間程度のフライトでどこへでもアクセス可能な利便性を生かし、サーフハントに専念したと言います。撮影地となったのは、スタートのマラモア(アイルランド)から始まり、ポルトガル領のアゾレス諸島、ポルトガル本土とのこと。

ビッグウェイブサーファーではないけれど、バレルに入っている時のフィーリングが大好きでスラブハントを行ったというニック。冒頭のシーンでは「死を考えることはないね。アドレナリンの方が優るんだから」と根っからのアドレナリンジャンキーです。

そんなニックですが、サーフィンで一番怖いのはリーフとのこと。6フィートくらいのリーフブレイクでセッションともなれば、胃が痙攣するほど嫌だと話すのは意外な事実。

印象的なのは、動画最後で語るニックのセリフ。「ビッグウェイブサーファーは、誰一人として生まれながらにビッグウェイブサーファーなわけじゃない。段階を踏んで自分に打ち勝つことで、デカい波にチャージできるようになるんだから」。

「ガンにしろ心臓病にしろ、死に方を選ぶことはできない。だから、自分の生き方くらいは自分で決めようぜ」とのこと。人生について考えさせられるセリフですね。

ニック・ヴォン・ラップも登場する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

2014年度リップカール・プロ・ポルトガルのオフ日に行われたセッション@2014

リップカール・プロ・ポルトガル最終日に行われていたアナザーセッション@2014

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事