ケリー・スレーター

photo:WSL / Sean Rowland

2016年3月10日からスタートするWCT(ワールド・チャンピオンシップ・ツアー)初戦を前に、2015年WCTを振り返ろうという企画の第五弾。これまでの記事を見ていない方は、下記リンク先からチェックして下さい。

2015年WCTの名シーン1:エアリバースをメイクしたシルヴァナ・リマ

2015年WCTの名シーン2:パーフェクトスコアを出したオーウェン・ライト

2015年WCTの名シーン3:ケリー/ミック/ガブリエルのスーパーヒート

2015年WCTの名シーン4:ジョンジョンvsガブリエルの次世代対決

第五弾となる今回は、南カリフォルニアのローワー・トレッスルズ(ローワーズ)を舞台にしたWCT第八戦「ハーレー・プロ・アット・トレッスルズ」において、ケリー・スレーターが見せたエアリアルからのリカバリーが名シーンとして選ばれました。


スポンサーリンク


名シーンが生まれたのは、ケリーがミック・ファニングと対戦したラウンド5でのこと。バックサイドとなるレフトにテイクオフしたケリーは、ファーストセクションでエアリバースを狙います。

しかし、ローテーションの最中にサーフボードが風に煽られてめくれてしまいワイプアウト。普通であれば、この時点でライディングは終わるはずですが、驚異のリカバリーで立て直し、ライディングを続けたのです。

当然、ギャラリーからは大歓声が沸きます。ただし、技をミスしたことには変わらず、ジャッジから下されたスコアは4.17ポイントというロースコアとなりました。

ただ、あまりにもインパクトがあり過ぎたので、スコアは低かったものの、記憶に残るライディングとして名シーンとなりました。

詳細については、当時の過去記事を下記からチェックして下さい。

エアーからのリカバリーが話題騒然のケリー本人とヘッドジャッジが分析

アクロバットライディングに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

サーフ動画では珍しくネットで拡散されているアクロバティックなバックフリップ映像

アクロバティックなドロップイン(前乗り)への対処法!?

マイキー・ライトによる曲芸ライド@インドネシア

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事