• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

バリ島ブキット半島に位置するサーフスポット「ビンギン」出身のメガ・サマディ(24歳)。現在、ウエイティングピリオドに入っているビッグウェイブコンテスト「リップカール・パダンパダン」の2013年度チャンピオンです。

世界中のビッグウェイブサーファーが集まる同コンテストにおいて、インドネシア人として初のチャンプではありませんが、ローカルとしては初チャンプとなる快挙でした。

今回の動画は、そんなメガの素顔を追った映像となります。インドネシアのモダンサーファーらしく、スポンサーが付いているので国外へサーフトリップに出たりと、サーファーとしての活動しか目に付きませんが、実はもう一つの顔があります。それは、司祭になるということ。

インドネシア全域を見れば、イスラム教が圧倒的に普及していますが、バリ島は土着のバリ・ヒンドゥー教が主流。そして、メガは将来的に、ウルワツ寺院でバリ・ヒンドゥー教の司祭になると言います。

ただ、今のところはサーフィンを第一に考えているので、プロサーファーと司祭という2つの仕事の板挟みになる事もなく、伸び伸びとサーフィンを楽しんでいるとのこと。ラストシーンでは、ウルワツ寺院にいると、20秒バレルに匹敵するくらい気分が良いと話しています。


スポンサーリンク


ライフスタイルの関連記事
  • WSLによる「フィリペ・トレド」プロファイル動画!幼少期から現在のキャリアまで
  • 5年以上毎日サーフィンを続けたカリフォルニアのサーファーガールのストーリー
  • モンスターエナジーに加入したモード・ル・カーのフリーサーフ@ホセゴー(フランス)
  • タイラー・ライトとポーリン・アドのリップカール@ウイメンズ紹介動画
  • マリア・マニュエル ヨガ
    動く瞑想がサーフィンに相通ずるヨガ!マリア・マニュエルの趣味
  • クイックシルバーとの別れやFormer始動など!デーン・レイノルズの新たなチャプター

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
以前に投稿した暗闇で光るサーフボードのスケートボード版です。こちらも、LEDライトを使って点灯させています。 映像を見ているとシュールな感じ...