アラナ/タイラー/ニッキのリップカールライダーによるボートトリップ@インドネシア

シェア(記事を気に入ればお願いします)

アラナ・ブランチャード タイラー・ライト ニッキ・ヴァン・ダイク

先日お届けしたミック・ファニングといったリップカールのメンズライダーがインドネシアを訪れたサーチシリーズの第一弾。

ミック・ファニングなどリップカールライダーのサーチトリップ@インドネシア

今回の動画は、リップカールのサーチシリーズ第二弾として、ウイメンズライダーがインドネシアをボートトリップする映像をお届けします。


スポンサーリンク


出演サーファーは、アラナ・ブランチャード、タイラー・ライト、ニッキ・ヴァン・ダイクの三名。慌ただしい生活を送る3名が、世界各地からインドネシアで集合して実現したトリップです。

旅にトラブルは付き物。今回のトリップでは、リップカールのフラッグシップであるサーチボート「クエスト1」を使う予定だったのですが、トリップ一週間前に沈没したそうです・・・。

そんなハプニングからスタートとなったトリップ。初日には、ニッキが船酔いで苦しんだりと良いことばかりではありません。しかし、日常生活とはかけ離れた環境でサーフセッションを楽しんだり、ローカルと交流を持つかけがえのない時間を過ごします。

終いには、曜日感覚さえ忘れてしまうほど、現実社会から遠く離れた生活リズムに陥ることに。これぞサーフトリップ!と感じられるので、是非ともチェックして下さい。

*英語表現の一口メモ*

サーファーの中でよく使う言葉の一つである「Indo」。これは、サーフトリップ先としてサーファーに人気の高いインドネシアの略で、海外サーフ雑誌ではよく「Indo」との言葉を見かけます。

ただ、この言葉をサーファーではない人に使った場合、通じなかった経験があります。そこでネットのスラング辞典などで意味を調べると「マリファナ」や「インドネシア人とオランダ人の混血児(インドネシアはかつてオランダの植民地)」という意味とのこと。

もしかして、インドネシアを「Indo」と表現するのは、サーファーだけなのですかね!?私の経験からすると、サーファー以外には使わない方が良いかと思います。