インドのスキー場で絶滅危惧種のユキヒョウと遭遇!果たして本物なのか?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

snow leopard at India

冬になれば、サーファーもスキーやスノーボードを楽しむために訪れる雪山。その雪山で野生動物に遭遇したらどうしますか?しかも、その動物が肉食であれば・・・。

今回の動画は、インドのカシミール州グルマルグにあるスキー場でバックカントリー中のグループが、ユキヒョウと遭遇した際の映像をお届けします。インドの雪山と言い、ユキヒョウと言い、謎のキーワードだらけですね・・・。


スポンサーリンク



インドと言ったらとんでもなく暑いイメージが一般的かと思います。しかし、ヒマラヤ山脈のあるエリアへ行けば、標高が高いので雪山があるのです。

続いては、ユキヒョウについて。ユキヒョウは、標高の高いエリアに生息するヒョウですが、冬になると獲物が山を降りるため、スキー場があるくらいの標高まで降りてくるそうです。

ただし、ユキヒョウは絶滅危惧種。そう簡単に遭遇することはないとのこと。しかし、そんなユキヒョウに遭遇して映像に収めてしまったというのが今回の動画。

なのですが、インドの観光局長やカシミール州北部のワイルドライフ管理人によると、「ユキヒョウ」ではなく「ヒョウ」である可能性が極めて高いとのこと。

動画をネット公開したオーストラリア人スキーヤーのオーウェンさんは、「pretty amazing experience」とユキヒョウとの遭遇を語っていますが、みなさんならどうですか?

ヒョウにせよ、ユキヒョウにせよ、肉食動物です。私は感動よりも恐怖心が勝ってしまうと思います・・・。ちなみに、ヒョウの可能性が高いと指摘した観光局長によると、本人もスキーヤーであるため、グルマルグのスキー場はよく訪れるとのこと。

そして、グルマルグでは何度もヒョウを目撃した事があるそうです。かなり危険なスキー場ですね・・・。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)