• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

ハンディキャップを持ちながらもサーフィンを続けるアダプティブサーファー。

生まれつきの方もいれば、事故などで患う方と様々ですが、ハンディキャップなど物ともせずに好きなサーフィンを続ける姿には勇気を与えられる方も多いはずです。

今回の動画は、全盲でありながらもサーフィンを続けるスペイン人サーファーをフィーチャーした映像をお届けします。


スポンサーリンク



主役となる人物は、アイトール・フランセセナ。遺伝性の緑内障を患っていたアイトールは、14歳の時に右目の視力を失うことに。

また、今から4年前にはサーフィン中の事故で左目の視力も失い、両目ともに失明状態の全盲となりました。

しかし、決して諦めることのなかったアイトールはサーフィンを再開してみると、これまでは目からの情報に頼っていたものの、耳からの情報でも波のサイズなどを判断できると気付きました。

現在、プロサーファーであり、サーフィンインストラクターであるアイトール。

自分の目で受講生のサーフィンはチェックできないものの、仲間から情報を伝えてもらう事でカバーしていると言います。

さらに、障がいを持ちながらもサーフィンできる環境への恩返しとして、自分同様に障がいを持つ方へのサーフクリニックをオーガナイズしているのだとか。

一度きりの人生。人間として自分に何ができるのかと考えさせられる動画となっています。

  • 自然と共に生きるカナダ出身初プロサーファー!ラフ・ブルーウィラーのドキュメンタリー動画
  • 80~90年代に世界中のサーフスポットを開拓!マーティン・デイリー船長の回顧録
  • 2度目のワールドタイトル獲得に至るまでのプロセス:カリッサ・ムーア
  • フィリペ・トレドによるエアーとパワー融合のハイブリッドサーフィン!Jベイ優勝の軌跡
  • 21Days タジ・バロウ&ジョシュ・カー:エピソード1
  • ナザレチャージャーを追ったメルセデス・ベンツによるドキュメント動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フリーサーフ
若手フリーサーファーとして注目度が高いノア・ディーン。爆発力のあるライディングで見るものを虜にする一方、ケリー・スレーターをハゲ呼ばわりした...