via Gabriel Medina's instagram

メンズとウイメンズ共に、残り2戦のみとなっている2019年シーズンのCT(チャンピオンシップツアー)。

すでにタイトルレースは佳境を迎えていて、ポルトガルCTイベントの結果によっては早くも今季ワールドチャンピオンが決定する可能性があります。

そこで発表されたのが、現CTランクトップのサーファーがワールドタイトル確定となりえるシナリオ。

今回の記事は、リップカールが発表したポルトガルCTイベントにおけるタイトルレースのシナリオをお届けします。


スポンサーリンク


現CTランクトップの紹介

現在のCTランキングをチェックすると、メンズのランキングトップはガブリエル・メディナ、ウイメンズはカリッサ・ムーア。

ガブリエルは3度目のワールドタイトル、カリッサは4度目のワールドタイトルと、両者ともに複数回のタイトルを掛けた戦いです。

ここからはタイトルレースに絡むサーファーの結果に応じ、どうすればタイトルレースが最終戦となるハワイまでもつれ込むかのシナリオをお届けします。

メンズのタイトルレース

ガブリエルが優勝の場合

フィリペ・トレドは5位以上
イタロ・フェレイラは準優勝以上

ガブリエルが準優勝の場合

フィリペは9位以上
イタロは5位以上
ジョーディ・スミスとコロヘ・アンディーノは3位以上

ガブリエルが3位の場合

タイトルレースはハワイへ持ち越し

ウイメンズのタイトルレース

カリッサが優勝の場合

レイキー・ピーターソンは準優勝以上

カリッサが準優勝の場合

レイキーは3位以上
キャロリン・マークスは優勝

カリッサが3位の場合

レイキーは5位以上
キャロリンは準優勝以上
サリー・フィッツギボンズは優勝

カリッサが5位の場合

タイトルレースはハワイへ持ち越し

ウイメンズ最終戦に関する余談

ウイメンズの最終戦は、昨年までマウイプロという名称でハワイのマウイ島ホノルアベイで開催されていました。

しかし、今シーズンのスケジュールが発表された際、イベント名はハワイプロへと変更され、会場は「ハワイ」のみとしか表記されていませんでした。

その理由として、ウイメンズの最終戦をメンズのトリプルクラウン第2戦と同じサンセットで同時開催という噂がありました。

ここ数年のウイメンズCTイベントはメンズに歩調を合わせています。同時開催にした方が運営サイドとしては楽ですしね。

でしたが、久しぶりにCTイベントスケジュールをチェックしたら、マウイ島のホノルアベイとしっかりと表記。

正直言って、サンセットよりもホノルアベイの方が明らかに見応えがあるので、ファンとしては嬉しい継続と言えます。

まとめ

今回のシナリオを見ると、カリッサはCTポイントで大幅にリードしているにもかかわらず、簡単にタイトル確定にはならないのだなといった印象。

ただし、有利なのは明らかなので、レイキーがポルトガルでファイナル進出を果たし、かつカリッサが早期敗退といった結果にならない限り、カリッサの4度目のタイトル確定は手堅いのではと思います。

メンズに関しては、2,000ポイント強ほどの差しかないCTランク2位のフィリペがチャンスがあるように見えますが、痛めている後背部が気掛かりなところ。

CTランク3位のジョーディは4,500ポイントほど離されているので、やはりガブリエルが3度目のタイトルを取る可能性が高いように思えます。

何はともあれ、ポルトガルCTイベントは見逃すことのできないビッグイベントになる事は間違いないですね。

-----

参照記事「Rip Curl News

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事