• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

先日の日経新聞によると、ビデオカメラ市場において、40%台という圧倒的なシェアを誇るまでの存在となったGoPro(ゴープロ)。サーファーにとっては、すっかりとお馴染みのアクションカメラですね。

ワールドツアーイベント中には、GoProチャレンジと呼ばれるイベントまで行われ、プロサーファーにとっては必要不可欠なサーフグッズの一つとも言えます。

今回の動画は、そんなGoProのみを使い、撮影された映像となります。使用されたのはGoProのHero4ブラックエディションで、撮影対象サーファーは若手アイルランド人サーファーのジェアロイド・マクデイド。


スポンサーリンク


従来の水中撮影であれば、カメラに防水ケースであるハウジングを装着して使用していました。しかし、ハウジングを装着したカメラは、かなりの大きさと重さになります。

ウォーターフォトグラファーと言えば、サーファーのベストシーンを撮影するため、波のインパクトゾーン(波の最もパワーがある場所)に身を置くのが常。つまり、激しく波に巻かれる可能性が高いです。

そのため、ビッグサイズの波が入ってくると、ハウジングが体にヒットしないかどうか、水中で常に不安を感じていたと今回の撮影者は言います。

ただ、GoProほど軽量の小型サイズになると、そういった恐怖心からは無縁となり、さらに映像クオリティは問題なし。これ以上の撮影機材はないと絶賛で、GoPro撮影に夢中だとのこと。

GoProの利点は、ウォーターフォトグラファーだけでなく、サーファーにもあります。口にくわえたスタイル「マウスマウント」で撮影すれば、サーファー視点の映像が取れるし、サーファー自らが撮影者となれます。

こう考えると、GoProがサーフィン撮影に与えた影響は多大で、さらなる活用方法の広がりも期待できます。サーファーにとって、一人一台の存在となるのかもしれませんね。

グッズの関連記事
  • サーフ&スノー向けスマートウォッチ「The Mission」!ニクソンが2016年内に発売予定
  • スマホ画面をテレビ出力~無線編~!大画面でサーフコンテスト観戦
  • ビッグウェイブに巻かれても安心!?膨張装置付き(インフレータブル)ウエットスーツ
  • ドックスロックス
    外積みサーファーのためのサーフボード盗難防止グッズ「ドックスロックス」
  • サメ除けリストバンド「シャークバンズ」を内蔵させたリーシュコード「シャークリーシュ」
  • デュアルフィンという新しいフィンのセットアップを提案するジグフィン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
訃報:リカルド・ドス・サントス
ニュース
昨日、サーフィン界で激震の走ったリカルド・ドス・サントスが三発の銃撃を受けた事件。病院で24時間に及ぶ懸命の治療が行われましたが、24歳とい...