サーファーであれば誰しも、海でオシッコした経験があるのではないでしょうか。そこで今回は、科学的な見地に立ち、汚染といった影響を及ぼすのかどうか説明してくれる動画をお届けします。

まず、海水汚染という点で考えると、海でのオシッコは全く問題ないとのこと。人間の尿は95%が水で、残りは主に、食塩と同成分であるナトリウムと塩化物イオンです。海水もほぼ同様で、96%が水、残りは主にナトリウムと塩化物イオン。また、尿と海水には、カリウムも含まれています。これだけ見ても、まず問題ないことが分かりますね。

さらに掘り下げると、海水には存在せず、人間の尿だけに存在する成分があります。それは、体内の窒素を排出する役割を担う尿素。この尿素に含まれる窒素は、海水と化合することでアンモニウムイオンとなり、海洋植物の栄養になると言います。つまり、海洋生態系にとって、オシッコはプラスになるそうです。ただ、クジラの中でも大型のナガスクジラは、一日におよそ950リッターほどのオシッコをするとの事で、人間によるものはたかが知れてる量となりますね。

海でのオシッコと言えば、もう一点気になるのはサメに関する都市伝説。今回の動画とは関係ないのですが、加えておきたいと思います。昔から、海でオシッコしたらサメが匂いに釣られて近寄ってくるから我慢するようにといった話を聞いたことがないでしょうか。この都市伝説、世界的に知られているそうです。

そこで、サメにまつわる都市伝説の真偽の検証に乗り出したのがナショナルジオグラフィック。二人のダイバーが少し離れたエリアで海に入り、一人のダイバーだけが尿入りのボトルを持ち、海の中でゆっくりと流したようですが、サメは何も反応を示さなかったそうです。サーファーとしては、かなり安心感を与えてもらえる結果と言えますね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事