• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

hurley-surfing-australia-hpc

サーフィン大国であるオーストラリア。そのオーストラリアにおいて、1963年に設立された国内最高峰のサーフィン団体「サーフィン・オーストラリア(Surfing Australia)」。

同団体とサーフブランド「ハーレー(Hurley)」の名前を掲げ、世界トップレベルのサーフトレーニング施設を誇るのが「ハーレー・サーフィン・オーストラリアHPC(High Performance Centre)」です。

今回の動画は、ハーレー・サーフィン・オーストラリアHPCの内部をツアーする映像をお届けします。


スポンサーリンク



ツアーガイドを務めるのは、1978年度ワールドチャンピオンのウェイン”ラビット”バーソロミュー。WSL(World Surf League)の前身団体「ASP(Association of Surfing Professionals)」のトップを務めていた人物です。

ハイパフォーマンスセンターと銘打っている施設だけに、特質すべきはエアリアルといったプログレッシブサーフィン向けとなるトレーニングルーム。

モダンサーフィンのエアリアルでは、エアリバースやアーリーウープといったローテーション(回転)を加えた動きは、基本レパートリーと言えます。

そこで器械体操の動きを取り入れるためにトランポリンを使ったトレーニングを行ったりと興味深いです。

また、サーフィンと同じ横乗りであるスケートボードにも力を入れていることが分かります。

ちなみに、同施設はプロを目指すサーファーのみを対象とした施設ではなく、あらゆるレベルのサーファーを対象にしています。

例えば、大人向けのマンツーマンのコーチングであれば、半日(4時間)で225ドル、一日(8時間)で375ドルと、そこまで高額ではないのも特徴。興味のある方はチェックして見てはいかがでしょうか。

公式サイト「Hurley Surfing Australia High Performance Centre


ハーレー・サーフィン・オーストラリアHPCに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

世界トップサーファーのレベルさえも引き上げるスポーツ科学者@HPC

オーストラリアで誕生!サーファー向けエアリアルトレーニング施設

トレーニングの関連記事
  • 中級以上のサーファー必見!アクションのメイク率を高める体勢作り
  • 安心して海で遊ぶためのウォーターマン養成スクール@オーストラリア
  • 陸上でダックダイブ(ドルフィンスルー)のトレーニング
  • ガブリエル・メディナがホームに設立したトレーニング施設を自ら紹介するツアー動画
  • サーファーによるサーファーのためのトレーニングプログラム!ビッグウェイブサーファー製作
  • スムーススターのスケートボードでジョアン・デフェイがサーフィンの陸トレ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事