ボー・クラムがキャッチサーフでフィンレスセッション!可能性が広がり続けるスポンジボード

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

従来のサーフボードの概念を完全に壊してしまったスポンジボードでお馴染みの「キャッチサーフ(Catch Surf)」。

もともとのスポンジボードは、ぶつかっても安全であることからサーフスクール専用といったイメージでしたが、膝波からビッグウェイブまであらゆるコンディションでプロサーファーが使用することから、サーフスクール用の枠を超えましたからね。

今回の動画は、オーストラリアのボー・クラム(Beau Cram)がキャッチサーフ製スポンジボードでフィンレスのハイパフォーマンスサーフィンを見せる映像をお届けします。


スポンサーリンク



フィンレスは、海水に引っ掛かるフィンがないことからルースなライディングが特徴。中でも、フィンレスの代名詞と言えるマニューバがスピンですね。

もともとフィンレスは、古代ハワイアンボードのアライアのリバイバルブームによって注目されるようになりました。

その後、アライアのブームも一段落すると、アンダーグランドな世界ではラビッツ・フットなどといった実験的なボードはあったものの、メインストリームではフィンレスは下火になっていたように思います。

しかし、キャッチサーフが空前のブームとなると、シリアスではないサーフィンを提唱するキャッチサーフのモットーが一般サーファーへと浸透し、フィンレスの再ブームを巻き起こしましたね。

サーフスクール用ボードという位置付けから、乗り方や使用用途を変えるだけで、様々な波紋を起こしているキャッチサーフ。完全にサーフボード界の革命児ですね。

———-

*キャッチサーフの過去記事

キャッチサーフチームのオーストラリアツアー!シドニーからゴールドコーストへ
サーフボードの1ジャンルとしてすっかり定番となっているスポンジボード(英語:Soft Top Surfboard)。 ...
キャッチサーフのスポンジボードでショアブレイクを攻めるイベント@南オーストラリア
現在サマーシーズンを迎えている南半球のオーストラリア。海で遊ぶには最高な時期ですよね。 そんなオーストラリアのSA(サ...
ジェイミーやカラニがキャッチサーフの新ボードテスト@オアフ島ノースショア
世界的に高い人気を誇るスポンジボード(英語:ソフトトップ)。表面の素材が柔らかいことから、壊れにくい、比較的ぶつかっても安全、さらに...
カラニ&タイラーのスポンジボードセッション満載のキャッチサーフ日本ツアー
世界的に大ブームの波を引き起こしているスポンジボード(英語ではソフトトップサーフボード)を代表するブランド「キャッチサーフ(Catc...
サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
一度でも波乗り経験を味わい、次は自分のサーフボードを購入してサーファーデビューしたいと思ったものの、どんなサーフボードを選べば良いの...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)