via vimeo

従来のサーフボードの概念を完全に壊してしまったスポンジボードでお馴染みの「キャッチサーフ(Catch Surf)」。

もともとのスポンジボードは、ぶつかっても安全であることからサーフスクール専用といったイメージでしたが、膝波からビッグウェイブまであらゆるコンディションでプロサーファーが使用することから、サーフスクール用の枠を超えましたからね。

今回の動画は、オーストラリアのボー・クラム(Beau Cram)がキャッチサーフ製スポンジボードでフィンレスのハイパフォーマンスサーフィンを見せる映像をお届けします。


スポンサーリンク


フィンレスは、海水に引っ掛かるフィンがないことからルースなライディングが特徴。中でも、フィンレスの代名詞と言えるマニューバがスピンですね。

もともとフィンレスは、古代ハワイアンボードのアライアのリバイバルブームによって注目されるようになりました。

その後、アライアのブームも一段落すると、アンダーグランドな世界ではラビッツ・フットなどといった実験的なボードはあったものの、メインストリームではフィンレスは下火になっていたように思います。

しかし、キャッチサーフが空前のブームとなると、シリアスではないサーフィンを提唱するキャッチサーフのモットーが一般サーファーへと浸透し、フィンレスの再ブームを巻き起こしましたね。

サーフスクール用ボードという位置付けから、乗り方や使用用途を変えるだけで、様々な波紋を起こしているキャッチサーフ。完全にサーフボード界の革命児ですね。

----------

*キャッチサーフの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事