• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

via vimeo

従来のサーフボードの概念を完全に壊してしまったスポンジボードでお馴染みの「キャッチサーフ(Catch Surf)」。

もともとのスポンジボードは、ぶつかっても安全であることからサーフスクール専用といったイメージでしたが、膝波からビッグウェイブまであらゆるコンディションでプロサーファーが使用することから、サーフスクール用の枠を超えましたからね。

今回の動画は、オーストラリアのボー・クラム(Beau Cram)がキャッチサーフ製スポンジボードでフィンレスのハイパフォーマンスサーフィンを見せる映像をお届けします。


スポンサーリンク



フィンレスは、海水に引っ掛かるフィンがないことからルースなライディングが特徴。中でも、フィンレスの代名詞と言えるマニューバがスピンですね。

もともとフィンレスは、古代ハワイアンボードのアライアのリバイバルブームによって注目されるようになりました。

その後、アライアのブームも一段落すると、アンダーグランドな世界ではラビッツ・フットなどといった実験的なボードはあったものの、メインストリームではフィンレスは下火になっていたように思います。

しかし、キャッチサーフが空前のブームとなると、シリアスではないサーフィンを提唱するキャッチサーフのモットーが一般サーファーへと浸透し、フィンレスの再ブームを巻き起こしましたね。

サーフスクール用ボードという位置付けから、乗り方や使用用途を変えるだけで、様々な波紋を起こしているキャッチサーフ。完全にサーフボード界の革命児ですね。

----------

*キャッチサーフの過去記事

キャッチサーフチームのオーストラリアツアー!シドニーからゴールドコーストへ
2017-04-08 18:43
サーフボードの1ジャンルとしてすっかり定番となっているスポンジボード(英語:Soft Top Surfboard)。 数々のスポンジボードブランドが今では存在しますが、代表的なブラ...

キャッチサーフのスポンジボードでショアブレイクを攻めるイベント@南オーストラリア
2017-01-19 18:37
現在サマーシーズンを迎えている南半球のオーストラリア。海で遊ぶには最高な時期ですよね。 そんなオーストラリアのSA(サウスオーストラリア)州にて、スポンジボードでお馴染みとなってい...

ジェイミーやカラニがキャッチサーフの新ボードテスト@オアフ島ノースショア
2016-12-22 15:45
世界的に高い人気を誇るスポンジボード(英語:ソフトトップ)。表面の素材が柔らかいことから、壊れにくい、比較的ぶつかっても安全、さらには手軽な価格帯ですからね。 そんなスポンジボード...

カラニ&タイラーのスポンジボードセッション満載のキャッチサーフ日本ツアー
2016-09-08 20:34
世界的に大ブームの波を引き起こしているスポンジボード(英語ではソフトトップサーフボード)を代表するブランド「キャッチサーフ(Catch Surf)」。 そのキャッチサーフを代表する...

サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
2016-07-27 17:40
一度でも波乗り経験を味わい、次は自分のサーフボードを購入してサーファーデビューしたいと思ったものの、どんなサーフボードを選べば良いのかは難しいですよね。 最初から「ショートボードを...
サーフボードの関連記事
  • クラウドブレイク(フィジー)でライアン・バーチがセルフシェイプのアシンメトリーをテスト
  • タジ・バロウ チューブ・ピグ
    タジ・バロウ&メイヘムのコラボ!パワフルチューブ仕様ボード「チューブ・ピグ」
  • 短いトリップ向けボードでメイソン・ホーがデザートポイントへ!「Quiver Killer」編
  • ポール・フィッシャーのニューコンセプトボード第二世代お披露目ライド
  • ラスティによるジョシュ・カーのツアーでのメインボード「Yes Thanks」
  • マウイ島ジョーズでのパドルインサーフ仕様の特注ボード:シェーン・ドリアン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事