• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

via vimeo

プロジュニア時代にビッグバレルに魅了され、若くしてビッグウェイブサーファーの道を選んだマット・ブロムリー「Matt Bromley」(25歳)。

そんなマットをフィーチャーした3エピソードから成るシリーズ動画「Risky Ripples」の第一弾が公開されました。

今回の動画は、マット・ブロムリーのビッグウェイブハンティングを追った「Risky Ripples」のファーストエピソードをお届けします。


スポンサーリンク



第一弾となる今回の舞台はオーストラリア。南半球のウインターシーズンと言うと、チョープー(タヒチ)やクラウドブレイク(フィジー)がメジャースポット。

しかし、都市部を一歩抜けると自然豊富なオーストラリアにも、ビッグウェイブサーファーを満足させるだけのスラブ(slab:底ボレするバレル)があります。

マットがオーストラリアで狙ったエリアは、スラブが豊富で知られるNSW(ニューサウスウェールズ)州サウスコースト。

昨年2016年のレッドブルイベント@ケープフィアを制したラッセル・ビールキのホームエリアですね。

波はスラブというだけあり大きく口を開いたバレルがブレイクし、ラインナップの海底は激浅なスーパーシャローリーフ。

スラブになるほど海面が隆起するので、海底に残る水はわずかというわけです。

映像を見ていると、水深が浅すぎてボトムのリーフがうっすら見えるほどのリスキーなコンディション…。

さて、残り2つのエピソードはニアス(インドネシア)とアイルランドということで、今後のエピソードも楽しみですね。

マット・ブロムリーの過去記事

ビッグウェイブサーファーという生き方!マット・ブロムリーの一年を追った動画
2016-12-17 07:41
プロサーファーの中でも特殊なビッグウェイブサーファー。WSLによるBWT(ビッグウェイブツアー)はあるものの、規定サイズ以上のスウェルが入らいないとBWTイベントは開催されないため...

アフリカ大陸出身のマットとジェロームが当てた2016年ニアス(インドネシア)のビッグバレル
2016-11-09 06:42
インド洋からしっかりとスウェルが押し寄せれば、絵に描いたようなパーフェクトなライトハンダーのバレルがブレイクするインドネシアのニアス。 そんなニアスでパーフェクトなラインナップを当...

アイルランドでブレイクするスラブ:マット・ブロムリー
2015-05-04 07:37
南アフリカ出身でビラボンライダーのマット・ブロムリー「Matt Bromley」(23歳)。昨年、ナミビアのスーパーロングバレル「スケルトンベイ」での映像で注目を集めたサーファーで...

ホレ過ぎるロングバレルのスケルトンベイに向かったマット・ブロムリー
2014-06-19 06:30
アフリカ大陸南西部ナミビアに位置するスケルトンベイ。タヒチのチョープーのような凄まじいホローウェイブであるだけでなく、スーパーロングライドできる波です。 2008年には、コリー・ロ...
サーフトリップの関連記事
  • バリ島でカウアイボーイズの空撮セッション
  • ニカラグアでフリーサーフ:エリック・ガイゼルマン
  • インドネシアで理想のサーフスポット巡り:キロン・ジャボール
  • タジ・バロウとディオン・アジアスが2016年初旬に訪れた中米パナマ
  • ビアンカ・ビュイテンダグがスケルトンベイで女性サーファー初!?チャージ動画
  • 二人のプロサーファーが全く異なるラインを描くセッション@Jベイ(南アフリカ)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ナット・ヤングの夢が現実に!?
エンターテイメント
昨シーズンのワールドツアーにおいて、ツアールーキーの中で最も活躍したサーファーに送られる「Rookie of the Year」を受賞したサ...
Deepest Reachesに乗るトレヴァー・ゴードン
サーフボード
サンタバーバラ出身のトレヴァー・ゴードン(24歳)。コンテストにはあまり興味をそそられなかったトレヴァーは、サーフトリップとオルタナティブボ...