• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

チャングーのライト

インドネシアのバリ島の中でも人気の高いチャングー。

そのチャングーのメインビーチから少し南に位置するバトゥボロンビーチにて、サーファーが落雷被害により命を落とす事故が発生。

今回の記事は、サーフィン中に発生したバリ島での落雷事故に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク



バトゥボロンビーチで落雷の事故が発生したのは、現地時間の11月5日(日曜)。

被害者となったのはベルギー人のデニス・アンドレ・ダソウル(34歳)。事故当時、豪雨の中でインストラクターからサーフレッスンを受けていたデニス。

そのレッスン中、デニスとインストラクターの二人が雷に打たれ、その様子を見ていたローカルなどがすぐに救助に駆け付け、岸まで連れ戻したと言います。

事故現場に居合わせた証言者によると「彼(デニス)は胸部が真っ青になっていたから、病院搬送中に息を引き取ったんじゃないかな」とのこと。

一方のインストラクターは、デニス同様、雷に打たれたものの左足の太ももが青くなっただけで一命を取り留めたとのことです。

さて、交通事故の被害者は身近にいても、落雷の被害者はほとんど聞くことがないので、個人的にはあまり落雷被害は現実的なイメージがありません。

ですが、サーフィン中にカミナリ雲が接近してきたり雷雨が発生したらすぐに海から上がるようにと言われている通り、カミナリを甘く見てはいけないと考えさせられました。

被害者のご冥福をお祈りいたします。

----------

参照記事:「Lightning Strike Kills Surfer in Bali

ニュースの関連記事
  • マーガレットリバーでサメが出没!WCTサーファーたちがダッシュで海から上がる騒動に
  • デーン・レイノルズがリスボン(ポルトガル)の国際空港で2日間に渡って勾留
  • パイプでの事故から半年!オーウェン・ライトがショートボード復帰を発表
  • マーガレットリバーイベント直前にイタロ・フェレイラがエアリアルの着地で負傷
  • 2020年東京五輪の追加種目に選ばれるチャンスがサーフィンにはあるのか?
  • オーウェンに続いてビード・ダービッジもショートボード復帰を果たすことに

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事