現地時間4月5日、2014年度ASPワールドツアー第二戦ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロのメンズのラウンド2とウイメンズのクオーターファイナルが開催されました。会場のマーガレット・リバーは、公式サイトによる波のサイズは、2~4フィートの微風。

先に開催されたメンズは、波がコンスタントに入らず、どのヒートもスコア的には接線となったものの、大きな番狂わせはなく順当な結果となりました。唯一、ジェレミー・フローレスとコロヘ・アンディーノのヒートでは、リードしていたジェレミーが、最後の最後でコロヘにエアリバースを決められて逆転負けを喫しました。

話題をさらったのは、何と言ってもジョンジョン・フローレンスによる9.87ポイントのライディング。動画では1:31~のライディングですが、ビッグカーヴィングから始まり、フィンアウト、チューブ、エアリバースとあらゆるマニューバのコンビネーションを流れるようにメイクしていました。5人中2人のジャッジが10ポイントを付けていましたが、これがビッグセットでのライディングであったなら、間違いなくパーフェクト10だったでしょうね。

ウイメンズは、優勝候補のコートニー・コンローグとステファニー・ギルモアのヒートが盛り上がりました。終始リードしていたのはコートニーで、ラスト1分でプライオリティを持っていたステファニーにビッグセットが到来。ステファニーは、もちろん乗ろうとしましたが波に追いつかずに乗れず、プライオリティはコートニーに移りました。

すると、さらにセットが入ってきて、ステファニーをブロックするためにもコートニーは絶対に乗るべきところだったのにスルーし、その波を掴んだステファニーが逆転勝ち。この結果を受け、セミファイナルでステファニーは、ツアー初戦と同じくカリッサ・ムーアと対戦する事になりました。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事