アル・メリックからブリット・メリックへと移り変わった今なおビッグネームのサーフボードブランド「チャネルアイランズ」。

CTサーファーからフリーサーファーまで、豪華なライダーを抱えていますからね。

今回の動画は、チャネルアイランズライダーによるR&D(研究開発)セッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


グッドスウェルがカリフォルニア沿岸に押し寄せていた今年2019年の1月。

そのタイミングにて、チャネルアイランズのお膝元であるサンタバーバラのリンコンや周辺スポットで行われたという今回のフリーサーフィン。

豪華出演陣は以下となります。

コナー・コフィン
パット・グダスカス、
デーン・レイノルズ
レイキー・ピーターソン
ボビー・マルティネス
デーン・グダスカス
セイジ・エリクソン
タナー・グダスカス
イーサン・オズボーン
パーカー・コフィン
コリー・アランビッド

動画後半には各ライダーによる使用サーフボードモデルとディメンションも紹介されていて、一番人気となっているのはオールラウンドのパフォーマンスモデル「The Fever」。

あくまでも動画撮影時のコンディションを考慮した上でのボード選びになるのですが、多くのライダーが選ぶと言うのは、それだけ万能性が高いということでしょう。

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事