キャッチサーフ社により世界的なブームを巻き起こしたソフトトップサーフボード(スポンジボード)。

サーフボード表面がソフトであることから接触しても安全であるため、サーフレッスン用のボードとしてはスポンジボードが主流になっていますね。

ビギナー向けのみならず、プロサーファーがプロデュースしたボードも増えていることから機能性も格段と向上し、通常のボードよりも安価であることからサーファーならば1本は持っていてもおかしくないボードと言えます。

今回の動画は、2×ワールドチャンピオンのガブリエル・メディナ「Gabriel Medina」(26歳)によるスポンジボード「Medina Softboards(メディナソフトボード)」がリリースされたので商品情報をお届けします。


スポンサーリンク


タジ・バロウといったアラフォー世代のCT(チャンピオンシップツアー)サーファーは、感覚を鈍らせないためにもひたすらスラスターに乗っていたと話していたので、時代は変わったと言える現在。

コンテストシーンを主戦場とするガブリエルがソフトトップサーフボードをリリースしたのですからね。

さて、メディナソフトボードがリリースしたモデルは1つのみで、ディメンションは「5'0 x 21 1/4 x 2 3/4 - 38L」。

ボードモデルは1つだけなのですが、ボードのボトムに描かれたグラフィックは5種類に分けられているそうです。

Image: Medina Softboards

ボードのテンプレートはモダンフィッシュのツインフィン仕様で、フィンプラグはFCS2またはFUTURESから選ぶことが可能。

気になる販売価格は1,670レアル(日本円で3.3万円弱)となっています。

-----

公式サイト「Medina Softboards

ガブリエル・メディナの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事