blank

via Isabella Nichols's instagram

サンセットとスティーマーレーンというアメリカでのCTイベントがキャンセルや延期となったことから、ハワイに滞在する理由がなくなったCTサーファー。

そこでCTイベントのためにハワイに残っていたオーストラリアのCTサーファーたちも、一部のサーファーを除いて帰国の途に就くことに。

ただし、オーストラリアは入国制限が厳しい国であるので隔離は必須。

今回の記事は、すでに帰国して隔離生活に入っているCTサーファーのSNS投稿を紹介します。


スポンサーリンク


基本的には外国人の入国は認められてなく、オーストラリア人の帰国であっても完全なる2週間の隔離が求められるオーストラリア。

先日お届けしましたが、テニスの世界大会である全豪オープンでは特別措置として、隔離中の選手は1日5時間の練習のみが認められています。

残念ながら、数日前に全豪オープン出場者を乗せたチャーター機の利用者の中に陽性者が確認され、同乗者はみな濃厚接触扱いで練習禁止とのニュースがありましたが。

ちなみに、日本での濃厚接触の定義は、国立感染症研究所感染症疫学センターによると「1メートル以内かつ15分以上の接触」。

そのため同乗者全員が濃厚接触者になるオーストラリアの定義は非常に厳しいのですが、そこまで徹底するから収束できているのかもしれません。

さて、帰国済みのオーストラリアのCTサーファーは、テニスプレイヤーのような特別措置はないので、ひたすらホテルで14泊過ごすことになります。

では、その間に何をしているのかを一部のCTサーファーがSNS投稿しています。

ホテルのバスローブを身に纏いセルフィーを撮影しているのはイザベラ・ニコルス。

同じくバスローブを纏い、ノリノリな様子を見せているのがニッキ・ヴァン・ダイク。

アスリートということで、ホテルの室内でもトレーニングに励む様子を投稿しているのはキーリー・アンドリュー。

室内にはサーフィンオーストラリアから提供してもらったトレッドミル(ランニングマシン)も完備されています。

最後はトレーニングと言えばこの人と言えるほどヘルシーライフを送るロールモデルとなっているサリー・フィッツギボンズ。

サッカーの神様と呼ばれるペレの映画を見て、触発されたと言うサリーはサッカーに夢中。

それにしても、めちゃくちゃリフティングが上手いです(笑)

ちなみに、オーストラリアのCTサーファー全員のSNSをチェックしたのですが、メンズはストーリーで隔離ライフを投稿しているサーファーはいるものの、メインでの投稿は一切なし。

ウイメンズはどんな状況でも前向きであり、遊び心がありながらも芯が強いなと感じさせられました。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事