blank

via vimeo

レフトスラブ(slab:底ボレするバレル)を代表するサーフスポットと言えるタヒチのチョープー。

今季からはウイメンズのCTイベント会場になったり、2024年のパリ五輪会場になったりと、何かと話題になっていますね。

そのチョープーは現在オフシーズンなのですが、昨年末にスウェルがヒット。

今回の動画は、オフシーズンにスウェルがヒットしたチョープーでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


南太平洋に位置していることから、サーフシーズンとなるのは南半球のウインタータイムとなる4~9月くらいまでとなっているチョープー。

それ以外のシーズンは、ビッグスウェルが発生しにくい時期であることからオフシーズンと言われています。

ただし、オフシーズンであっても全くスウェルが発生しないわけではないので、季節風が強いオンショアでもない限り、コンディションが決まるチャンスはあります。

オフシーズンとなれば混雑が緩和されるので、サーフスポットによってはオフシーズンでスウェルが入るタイミングを見てストライクミッションをこなすのもアリですね。

さて、そんなチョープーでのセッションですが、今後はウイメンズもチャージしなければならないので、注目はウイメンズサーファー。

今回の動画では、元ワールドジュニアチャンピオンでローカルのヴァヒネ・フィエロがチャージ。

動画でのヴァヒネのシーンは2:53~からとなっていて、パドルインでのドロップからディープなバレルをメイク。

素晴らしいパフォーマンスとなっているのでチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事