via vimeo

ニュージーランド出身ゴールドコースト(オーストラリア)在住のタニー・ボーデン「Tane Bowden」(18歳)。

まだ若手ながら、すでに成熟したスキルとスタイルを持ち合わせた凄いサーファーが出てきました。

オセアニア出身と言うことで、10代の頃のジャック・フリーストーンを彷彿させるかのようなサーファーです。

今回の動画は、タニー・ボーデンによるハワイとゴールドコーストでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ニュージーランドのファンガマタで育ち、8歳からサーフィンを始めたタニー。13歳の時にベルズビーチで有名なオーストラリアのトーキーへ引っ越し、15歳からはクーランガッタをホームにしています。

今年7月にオーストラリアで開催されたプロジュニアイベントで初優勝を果たし、現在の目標はワールドツアー入り。

ニュージーランド出身ながら、13歳からオーストラリアで暮らしているためか、影響を受けたサーファーはジュリアン・ウィルソンとミック・ファニングとのこと。

現在のホームはミックと同じくクーランガッタで、スナッパーロックスでタニーのサーフィンを見たミックが、サーフボードを4本もプレゼントしてくれたこともあるとか。

サーフスタイルは極めて王道と言えるオールラウンドサーファーなので、近い将来、スポットライトを浴びる存在になることでしょう。

-----

参照記事「Introducing a Handsome Young Man Who Threads Kirra Like Fanning

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事