すでにレギュラーシーズンは終え、残すところはWSL(ワールドサーフリーグ)ファイナルのみとなっている今年2022年のCT(チャンピオンシップツアー)。

と言う事で、メンズはブラジルのサミュエル・プポ「Miguel Pupo」(21歳)、ウイメンズはハワイのガブリエラ・ブライアン「Gabriela Bryan」(20歳)が今年のルーキーオブザイヤーと発表されました。

今回の動画は、ルーキーオブザイヤーに輝いたサミュエル・プポとガブリエラ・ブライアンのハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク


まずはそれぞれの戦歴から記します。

サミュエル・プポ

パイプライン:5位
サンセット:17位
ポルトガル:17位
ベルズビーチ:9位
マーガレットリバー:9位
Gランド:9位
エルサルバドル:17位
ブラジル:2位
Jベイ:5位
タヒチ:9位

ガブリエラ・ブライアン

パイプライン:9位
サンセット:3位
ポルトガル:9位
ベルズビーチ:9位
マーガレットリバー:2位
Gランド:9位
エルサルバドル:9位
ブラジル:3位
Jベイ:5位
タヒチ:9位

上記の結果により、サミュエルのCTランク10位、ガブリエラはCTランク9位でルーキーイヤーをフィニッシュとなりました。

2人に共通して凄い点は、ファーストイヤーにしてファイナル進出を果たしている点ではないでしょうか。

ちなみに、ガブリエラのルーキーオブザイヤーは、今シーズンの折り返し時点に入った段階で決定していました。

と言うのも、ウイメンズのルーキーでミッドシーズンカットをパスしたのはガブリエラだけだったためで、ミッドシーズンカットが導入されたことでウイメンズの今季のルーキーレースが消滅したという弊害もありました。

さて、サミュエルとガブリエラによるCTイベントにおけるベストウェイブ特集をチェックして見て下さい。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事