• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

初めてサーフィンするなら、ショートボードよりもロングボードを使った方が、浮力があるので簡単にボードに立て、波に乗る楽しさを早く味わえます。体一つで波に乗るボディサーフィンも、同様のケースが当てはまります。

波に乗る前に推進力を得るためのフィン(足ヒレ)、浮力を得て支点とする事ができるハンドプレーンを使えば、道具なしでのボディサーフィンよりも波に乗りやすく、波に乗る感覚を早く得ることができます。今回の動画は、そんなハンドプレーンに関する映像をお送りします。

エコ活動が広がる現在、できるだけ無駄を減らそうと思っていても、現実には多くの廃棄物が存在します。それは、サーフィン業界も同様。例えば、使用済みとなったサーフボード、ボードシェイプの過程でカットされたブランクスの切れ端など。

そういった素材をリサイクルし、ハンドプレーンを製作して販売しているのが、2010年からウェブサイト「Enjoy Handplanes」をスタートさせたエド・ルイスとキップ・デンスロー。始まりは興味本位の個人目的であったものの、口コミで噂が広まり、販売に至ったそうです。

彼らの活動に賛同してサポートしてくれる団体も今では多く、アウトドアブランドのパタゴニアは、顧客の古くなった衣服を回収するのですが、一部を彼らに提供し、その素材をラミネートに使ったりしています。

とてもリサイクルとは思えない出来のハンドプレーンで、リサイクルと言うよりアップサイクルですね。興味のある方は、「Enjoy Handplanes」の商品ページのリンクを下記に貼り付けて置きますので、チェックして見て下さい。見た目にも美しいです。

「Enjoy Handplanes」商品ページ


スポンサーリンク


グッズの関連記事
  • 水難事故を減らすリストバンド型の小型膨張装置「キンジー(Kingii)」
  • 水平360度の撮影を可能にしたアクションカメラ「360fly」
  • チラックス
    見た目はプリンのサーフワックス「チラックス」!期待のサメ除けグッズとなるのか
  • ビッグウェイブに巻かれても安心!?膨張装置付き(インフレータブル)ウエットスーツ
  • 昨年のメンズWCTイベント優勝者全員がFCS2利用!プロに人気のフィンは?
  • 海での塗り直しを可能にするウェアラブル日焼け止めディスペンサー「SunZee」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Who is JOB 5.0:エピソード6
エンターテイメント
ついにスタートした今シーズンの「Who is JOB 5.0」。パイプラインを代表するサーファーのジェイミー・オブライエンを中心に、サーフシ...