サーフィンをする上でサーフボードに続いて重要となるのがフィン。

そのフィンは25年ほど前まではサーフボードに直接グラッシングされたオンフィンが当たり前でしたが、今ではオンフィンのボードを見ることの方が珍しいです。

そして取り外し可能と言うことで様々なタイプのフィンがリリースされています。

今回の記事は、FCSからリリースされたチャネルアイランズのシグネチャーフィン「Upright(アップライト)」をブリット・メリックが解説する映像をお届けします。


スポンサーリンク


創業者であるアル・メルックの代からトップレベルのサーフボードブランドであるチャネルアイランズ。

現在はアルの息子、ブリットがヘッドシェイパーを務めていて、そのブリットは自身が認めるほどフィン好きとのこと。

チャネルアイランズほどのブランドなので、すでにシグネチャーモデルは過去にリリースしています。

同フィンモデルは、チャネルアイランズのホームであるリンコン向けと言った感じで、ポイントブレイクのグッドウェイブ用だったそうです。

しかし、実際の世界中のサーファーにとってアベレージコンディションと言えるのは小波のビーチブレイク。

小波のビーチブレイクの特徴として、ブレイクが早くクローズアウトするほどホレ上がります。

そこでフィン性能として求められるのは、レールを入れた時の反応が早く、クイックなターンを可能にする点。

言ってみれば、日常のサーフィンを楽しくさせてくれるフィンというわけです。

ワールドクラスのサーフスポットがホームブレイクという方には合わないかもしれませんが、大半の一般サーファーにはドンピシャと言えるモデルと言えそうですね。

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事