微笑みの国「タイ」へのサーフトリップ+ボランティア:チャプター1

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今回お届けする動画は、タイへとサーフトリップする異なるグループが、それぞれ波乗りをする一方、現地の非営利団体やコミュニティでボランティア活動にも従事するという、ドキュメンタリー映像の3部作シリーズとなります。波乗りを楽しませてもらう代わりに、ちょっとした還元をしようというスタイルは、今後の大きなムーブメントになるかもしれません。

チャプター1の今回、旅人はジョエル&クリスタルのフィッツジェラルド夫婦。有名観光地のプーケットとは海を隔てて接するパンガーにて、親から虐待を受けたり捨てられた子供の集まる孤児院へと向かいます。その子供たちを海へ連れて行き、二人はサーフィンを教えたりと交流します。また、サーフィンを教える傍ら、ビルディングプロジェクトに参加して、建設のお手伝いもします。

このようなボランティアに対し、人によっては「一時的なものじゃないか」とか「自己満足じゃないのか」などの意見を持つ方もいるかもしれません。しかし、クリスタルは「私たちのしていること全てが大切なの」と言います。何事もやってみなければ分かりません。自分で答えを出すのではなく、思い立ったら行動してみる。その一歩から、何かが生まれるのかもしれないですからね。


スポンサーリンク