via vimeo

第一線を退いてもなお、現役バリバリのようなライディングを見せるレジェンドサーファー。

プロサーファーもアスリートなので、20~30代といった肉体的ピークを越えれば衰えていくのが自然ですが、40代になっても年齢を超越したサーフィンを見せるサーファーも数は少ないもののいますね。

そんなプロサーファーの一人であるのが米国フロリダ州をホームとするピーター・メンディア(Peter Mendia)。

今回の動画は、ピーター・メンディアによるインドネシアなどでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


現在40代で、ケリー・スレーターやロブ・マチャドといったサーファーたちと同年代のピーター。

現在は自身でサーフスクールをホームのフロリダで運営して若手を育成したり、息子のケパはアップカマーとして台頭してきたりと、すでに第一線を退いています。

しかし、ピーターのサーフィンは今なお色褪せる兆しを見せることはありません。

今回の動画の舞台となっているのは、メンタワイ諸島のカンドゥイをメインとしながら、ハワイやバハマでのライディングも含まれているとのこと。

時代背景的にレールサーフィンを得意とするピーターの重厚なカーヴィングは、現在の若手サーファーが見てもインスパイアされることでしょう。

是非ともチェックして頂きたいフリーサーフィン動画となっています。

ピーター・メンディアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事