アリソン・ティールの新たなチャレンジ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

女性版インディ・ジョーンズとも呼ばれ、世界中を旅して回ってきたアリソン・ティール(29歳)。そんなアリソンを一躍有名にしたのは、ディスカバリー・チャンネルの番組「Naked and Afraid」です。同番組の内容などにも触れたアリソンの過去記事については、下記リンク先から参照して見て下さい。

女性版インディ・ジョーンズの異名を持つアリソン・ティールとは!?

女性版インディ・ジョーンズことアリソン・ティールのドキュメンタリー作品「Alison’s Adventures」予告編

「Naked and Afraid」のサバイバル生活から脱出するため、アリソンが利用したのは、拠点となっていたモルディブの島に大量に溜まっていたペットボトルといったプラスティック製品。そのプラスティックを利用して船を作り、サバイバル生活は完了しましたが、アリソンはこのゴミの山を何とかしたいと思い、再びモルディブを訪れる事になりました。

しかし、アリソン一人の力では悔しいけれど何もできません。そこで、アリソンは問題提起することで、周りを巻き込んでいき、解決に結び付けたいと思い、撮影班を連れたってモルディブを再訪したというわけです。

その甲斐あって、プラスティック製品をゴミとして扱うのではなく、リサイクル資源だと発想転換することで、企業の力を借りてビキニ、ホットパンツ、シャツへと生まれ変わらす方向を向くようになりました。

アリソンは、たまたまモルディブでこのような活動をスタートさせましたが、あくまでもモルディブだけの問題ではなく、世界中に共通する問題だと言います。

資源は限りあるもののため、アリソンのよう、ゴミを再利用するという活動はすでに存在する発想ではあったとは言え、継続して訴えていくことで、新たに意識レベルを高めていくことも重要だと感じます。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)