ヨーロッパのビッグウェイブサーフシーンを取り上げたサーフムービ製作中のアンドリュー・コットン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

最近では、国内外問わずに一般的となってきたアスリートによるクラウドファンディング。コンテストサーファーであれば、遠征費集めがメインですね。他には、サーフムービー製作といったプロジェクトの資金集めなどもあります。クラウドファンディングに触れている過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

CJ&ダミアンのホブグッド兄弟が呼びかけるクラウドファンディングの驚愕の特典

メインスポンサーを失ったローリー・タウナーの実力とは!?

ニュージーランドのトップサーファーが行くインドネシア:リカルド・クリスティ

今回の動画の主人公となるイギリス出身のアンドリュー・コットン(35歳)もまた、クラウドファンディングに参加した一人です。

何者かと思う人が多いと思いますが、ビッグウェイブサーファーであり、ポルトガルのビッグウェイブスポット「ナザレ」でギャレット・マクナマラがギネス記録となる78フィートの波に乗った日、その日の2番目に大きい61フィートの波に乗ったサーファーです。

イギリス人という事で、基本的に北半球の冬になると、ヨーロッパのビッグウェイブを求めてサーフハントしています。

かなりのビッグウェイブを攻めるため、ビッグウェイバーの祭典である「ビラボンXXLアワード」で何度もノミネートされ、近年注目されているヨーロッパのビッグウェイブシーンを世界に知らしめた立役者の一人です。

これほどの記録を残したサーファーであり、ビッグウェイブ界では誰もが知る存在ではあるにも関わらず、メインスポンサーはいないので、配管工やライフガードをしながら生計を立てています。

ASPがビッグウェイブ・ワールドツアーを買収するまでは、ビッグウェイブサーフィンは完全にアンダーグランドな存在でしたので、厳しいですが、これが現状です。

ビッグウェイブコンテストなどでも活躍するグラント”ツイギー”ベイカーでさえ、昨年、ビラボンとの契約が切られたりと、厳しいのですから。

さて、アンドリューが資金集めした目的は、昨年からスタートさせたサーフムービー「Behind the Lines」製作を行うため。ヨーロッパのビッグウェイブサーフシーンを世界に伝えるため、同作品の製作をしているのですが、資金が不足しているためとのこと。

今回の動画は、クラウドファンディングを呼びかけた際の映像なのですが、実は募集期間はすでに終わり、1万ポンド(現時点の為替相場でおよそ172万円)の募集に対して1.14万ポンドも集まったそうです。

この資金を使い、今シーズンもギネス記録を更新できるほどの波を求め、ヨーロッパで撮影しながらのビッグウェイブハントを行うそうです。どういったサーファーなのか、動画でチェックして見て下さい。


スポンサーリンク