• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

サーファーなら誰もが経験したことあるのではないでしょうか!?波に乗り終わった後のパドルバック時や、なかなかセットが入らないのでミドルセクションまで波を追いかけた時、突如として襲ってくるセット。余裕が無いサイズでの事となれば、かなりヘビーですよね。

今回の動画は、ビッグウェイブスポット「トドス・サントス」でガッツリとハマってしまったサーファーの自撮り映像となります。撮影しているのは、イギリス出身プロサーファーのタズ・ナイト(Taz Knight)。


スポンサーリンク


今でこそ、ビッグウェイブサーファーのフォーカスは、マウイ島ジョーズやポルトガルのナザレに移り変わっています。しかし、数年前であれば、冬にビッグスウェルが訪れれば、ビッグウェイブサーファーの誰もが注目していたのが、バハ・カリフォルニア(メキシコ)の沖合に位置するトドス・サントスでした。

映像からは波のサイズが良く分かりませんが、タズによると、フェイスで25フィートほどだったそう。そのため、巻かれるとかなりの衝撃があったそうで、ダックダイブ(ドルフィンスルー)も効かず、ボードが手元から離れていますね。リーシュコードが切れたらと考えたら、さらに厄介な展開となっていたことでしょう。

音声を聞くと、かなり息が上がっているようですが、それでも撮影を続けたのは、さすがプロサーファーといった感じでタフですね。

 

GoPro100%活用ガイド ~最新アクションカメラによる動画撮影のすべてがわかる!
ナイスク
技術評論社
売り上げランキング: 12,103
  • スノーボード スローン・ヘンダーソン
    世界最年少!?あまりにもカワイイ1歳の女の子スノーボーダー
  • GoProプレゼンツ「Who is JOB」の舞台裏映像:ジェイミー・オブライエン
  • ドロップイン(前乗り)への対処法!?
  • ブルース・アイアンズが世界の有名サーフスポットから選ぶ「MFK」
  • オランダで橋の頂上からスケート!100m以上の高さから川へ転落したけどリアル?
  • レイアード&ガブリエルが大人の色気を見せるESPN誌のBody Issue

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事