• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

ケパアセロ ペルー

世界最長のレフトがブレイクすると言われるチカマを筆頭に、ロングレフトの宝庫である南米ペルー。フロントサイドとなるグーフィーフッターにとって、まさに天国ですよね。そのペルーこそ、今回、ケパ・アセロ「Kepa Acero」が向かった地となります。

進め!ケパ・アセロ:ラテンアメリカ編1

幅広い年齢層に多様な人種が集まる国際空港。その空港でケパが睨めっこしているのはサーフ予報。ビッグスウェルに思いを馳せながら、ロングレフトのバレルがブレイクするであろうサーフスポットへと歩を進めます。

辿り着いた先では、サーファーが夢に描くようなラインナップが広がっている光景。思わず、海へと駆け出してしまいます。この気持は、よく分かりますね。

波はブレイクが早くてクローズアウトになってしまうものの、完璧なシリンダー状のバレル。しかし、海に入っていると、すぐにサイズダウンしてしまい、スウェルは消え去ってしまうことに。

サーフスポットについては触れていないので、ペルーのどこなのかは分かりません。しかし、サイズが小さいとは言え、ある程度のサイズになった時、きっとパーフェクトウェイブになるんだろうなと思える波ですね。

次はどこに向かうのでしょうか?ケパの南米トリップは、まだまだ序盤です。


スポンサーリンク


サーフトリップの関連記事
  • ASCによる太っ腹無料Gランドトリップ
  • 2017年シーズンのスケルトンベイ(ナミビア)!レフトのロングバレルが覚醒
  • アラナとレイラがサリナクルス(メキシコ)でファンウェイブをスコア
  • アーリーウープから540やパダンのビッグバレルなど@バリ:ジュリアン・ウィルソン
  • 6年越しのドリームウェイブ!ケパ・アセロが世界最長バレル@ナミビアをスコア
  • ニック・ローザによるニカラグアへのショートトリップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事