blank

via vimeo

米国東海岸となるノースカロライナ州アウターバンクスをホームとするウィル・ディーン「Will Deane」(13歳)。

13歳にしてすでに8つのスポンサーを得ているスーパーグロムです。

そんなウィルがライトポイントの宝庫として知られるエルサルバドルを訪れることに。

今回の動画は、ウィル・ディーンによるエルサルバドルでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ビーチブレイクの多いアメリカ東海岸をホームとするウィル。

ビーチブレイクという事でロングウェイブは少なくなりますが、逆にライディング距離は短くてもパワフルなセクションはあるのでエアリアルといったパント系の単発アクションを鍛えるのに適した環境と言えます。

そのせいか、以前にお届けしたウィルのウェイブプール動画では、大人顔負けのエアリアルを披露していました。

ただし、ウィルのホームでは波質が異なるポイントブレイクが少ないので、レールゲームやスタイルを鍛えるには環境として今一つで、オールラウンドを目指すならばポイントブレイクでの練習も必要。

ということで、ウィルにとって不足している要素をカバーするために最適と言えるのがエルサルバドル。

数々のポイントブレイクを訪れては、混雑とは無縁なほぼパーフェクトウェイブを満喫したとのことです。

ちなみに、動画編集にはウィル本人も携わったそうです。

ウィル・ディーンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事