blank

Photo: WSL / RÉMI BLANC

ツアーの枠組み自体が大幅に変更となった2021年シーズンのWSL(ワールドサーフリーグ)イベント。

サーフィン界のワールドツアーであるCT(チャンピオンシップツアー)の大枠はすでに発表されていたのですが、CT以外のツアーについてもCS(チャレンジャーシリーズ)を除いて発表されました。

今回の記事は、2021年シーズンのWSLイベントのシーズンスケジュールに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


発表となったスケジュールは、QS(クオリファイングシリーズ)、ジュニア、ロングボードツアーに関するものです。

CTスケジュール及び2021年スケジュールの大変革に関しては、下記リンク先からチェックして見て下さい。

コロナ禍という状況なので、基本的にほぼ全てのイベントが「Tentative(暫定)」となっています。

「Upcoming」となっているのは、CTイベント、オーストラリア開催のQSイベント、ビッグウェイブイベントのみとなります。

個人的に気になっていたのはトリプルクラウンの扱いで、ハワイアンプロやワールドカップはCSイベントになるのが妥当。

ですが、時期的な都合からCSイベントにするのは難しいと思っていた通り、スペシャルティイベントに分類されていました。

最もサプライズとなったのは日本でのQSイベントで、日本ではわずか1つのみの予定となっています。

しかも、その1イベントの会場が、静岡県牧之原市で来年オープン予定となっているウェイブプール「サーフスタジアム」。

ケリー・スレーターのサーフランチでCTイベントが開催されていますが、サーフランチはWSLが買収したので子会社。

つまり、AWM社の造波装置を使うサーフスタジアムというライバル社のウェイブプールを会場にWSLイベントが開催される予定と言う事実に驚かされました。

ツアースケジュールの詳細は、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

-----

公式サイト「WSL

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事