• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

メンズサーファー同様、進化を続けるウイメンズサーファー。コンテストの世界であれば、エアリバースを狙うサーファーも増えています。ビッグウェイブサーフィンの世界では、メンズ顔負けのハードなチャージを見せたり、現状維持という言葉とは無縁ですね。

今回の動画は、そんな変化の渦中において、ワールドツアーという世界最高峰の舞台でしのぎを削るマリア・マニュエル「Malia Manuel」(21歳)が、現在のウイメンズサーフィンについて言及する映像となります。


スポンサーリンク


USオープンでは史上最年少となる14歳で優勝を果たし、プレッシャーの掛かるチャレンジでの勝負強さを証明してみせたと話すマリア。コンテストに対する情熱があったからこそ、今の自分がいるとのこと。

ハイスピードでレベルアップしていくウイメンズサーフィンですが、今後はメンズの通ってきた道であるビッグエアーやビッグウェイブチャージなどを、追随していくと感じているそうです。

最近では、ウイメンズのツアーイベントを見ていると、ライディングが変わりつつあるのが分かりますよね。レイキー・ピーターソンやシルヴァナ・リマによるエアーリバースといったトリックが顕著です。

また、昨年2014年のクラウドブレイク(フィジー)でのツアーイベントでは、ダブル~トリプルオーバーヘッドまでサイズアップしたコンディションで、ウイメンズイベントが行われたのには驚かされました。

メンズのような道をウイメンズも辿るとすれば、気になるのがフリーサーファー。現在、ウイメンズのフリーサーファーと言えば、ビッグウェイブサーファーを除くと、アラナ・ブランチャードを代表とするモデル兼業がメインかと思います。

しかし、今後はメンズのよう、エアリアルを武器にするようなウイメンズのフリーサーファーが生まれたりする可能性も捨て切れません。果たして、どのような流れが出てくるのか楽しみですね。

マリアの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

フットウェアブランド”サヌーク”にチーム入りしたマリア・マニュエル

マリア・マニュエルのこれまでのサーフキャリアと今後の展望

ライフスタイルの関連記事
  • 海中世界の虜となった女性ウォーターフォトグラファーのサラ・リー
  • 21Daysボルコム・パイプ・プロ:エピソード2
  • カイアス・キング
    10代サーファーにとって夢の生活を送るスーパーグロム:カイアス・キング
  • ワイメアのレフトを狙い続けるマーク・ヒーリー
  • ホームでくつろぐフリーサーファーの日常:デイヴ・ラストヴィッチ
  • ローラ・エネヴァー
    ビッグバレルを追求するようになったローラ・エネヴァーのライフスタイル動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事