• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

これからの夏休みに向け、国内や海外問わず、サーフトリップを計画している方は少なくないでしょう。しかし、普段は仕事で忙しい生活を送っていると、せっかくトリップに出てもパドルが辛くなり、トリップ二日目の朝からは、あまりサーフ気分になれない場合もありますよね。

そこで今回は、自宅でパドルトレーニングをするためのインストラクション映像となります。使用する道具は、ダンベルとゴムチューブのみ。手軽に始められるので、試してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


トレーニング方法を教えてくれるのは、アドベンチャートラベル向けフィットネスのスペシャリストである「Fit For Trip」。まさに、トリップサーファー向けですね。

トレーニングの種類は3種類。動作については、映像を見て頂ければ理解できるものとなっています。一つ目は0:52~、二つ目は1:20~、三つ目は1:52~。

それぞれに費やす時間は各20秒で、種目変更時のインターバルは10秒。つまり、1セットこなすのに80秒ほどです。最初は、3セットこなすとのこと。時間にして、およそ4~5分ほどです。

体が慣れてきたら6セット、さらには9セットと増やしていくとのこと。パドルに必要なのは、瞬発的な筋力ではなく、持久力のある筋力。そのため、セット数を増やすことで、継続して負荷のかかる状態に耐えられる持久力を付けるのが狙いです。

最後に、各種目を行っている際のスピードですが、関節や筋肉に痛みを感じない程度に、ハイスピードで行うのが良いとのこと。確かに、楽をしていても、鍛えられませんから当然ですね。

実際に海でのパドルの方法について学びたい方は、下記リンク先の過去記事をチェックして見て下さい。

ケリー・スレーターから学ぶパドリングの上達方法

トレーニングの関連記事
  • スムーススターのスケートボードでジョアン・デフェイがサーフィンの陸トレ
  • サーフィン前に取り入れるべきピラティスを使った動的ストレッチ
  • クロール
    プールでサーフフィットネス!水泳のインターバルトレーニングでパドル筋力と心肺機能を向上
  • ケリア・モニーツのワークアウト!友達と楽しみながらのボクササイズ
  • デイヴ・ワッセル
    ビッグウェイブサーファー直伝!長時間呼吸を止める方法:デイヴ・ワッセル
  • 次世代トレーニング!スノードニアのマシンウェイブでグロムサーファーをコーチング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事