ヤゴ・ドラのオアフ島(ハワイ)ノースショア@2015/2016年のフリーサーフ動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ヤゴ・ドラ

「今シーズンの後半戦には、QS10,000イベントに出場できるランキングにいたい」と、ようやく本気でWCT入りを目指す様子を見せ始めたブラジリアンサーファーのヤゴ・ドラ「Yago Dora」(19歳)。

WCT入りしていないブラジリアンサーファーの中で、最も世界的に注目を集めていたにも関わらず、「もっとサーフィンが上手くなりたい」との理由から、WQSイベントをメインにした生活を送っていませんでした。

今回の動画は、2015年11月~2016年1月にハワイのオアフ島ノースショアで撮影されたヤゴ・ドラの最新フリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



父親のレアンドロ・ドラは元プロサーファーで、現在はサーフィンコーチ。しかし、ヤゴがサーフィンを始めるようになったのは11歳と、二世サーファーにしては遅咲き。

にも関わらず、サーフィン歴わずか5年目となる16歳にして、現在でもメイクできるサーファーが少ないバックフリップをハワイで決めてしまい、注目度は加速。

ヤゴのメインスポンサーであるボルコム(Volcom)が昨年リリースしたサーフムービー「Psychic Migrations」では、ラストパートを務めるというサーファーにとって大いなる偉業を成し遂げています。

基本的にサーフムービーにおいてラストパートに選ばれるのは、作品向けに撮影された映像の中で最も素晴らしいパフォーマンスを見せたサーファー。つまり、数々の有名サーファーを抱えるボルコムにとって、一押しサーファーと言えます。

現時点において、それほどまでに完成されたサーファーでありながら、今なおもっと上手くなりたいと貪欲さも持ち合わせているので、ワールドツアー入りしてきたら、現在のフィリペ・トレドやガブリエル・メディナのよう、ツアー水準を引き上げる存在となるのではないでしょうか。

ヤゴ・ドラの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

エアリバース540を狙うヤゴ・ドラのフリーサーフ動画@ハワイ

9月終わりからバリ&ロンボクの2週間トリップ動画:ヤゴ・ドラ

サーフィン歴7年でブラジルトップレベルのローワーズサーフ:ヤゴ・ドラ

世界が注目する若手ブラジリアンのホームセッション:ヤゴ・ドラ

2013/2014シーズンinハワイ:ヤゴ・ドラ

ペルーでマニューバ重視のフリーサーフ:ヤゴ・ドラ

2014年9~10月のインドネシアセッション:ヤゴ・ドラ

2014/2015シーズンのフリーサーフ@ハワイ Part1:ヤゴ・ドラ

2014/2015シーズンのフリーサーフ@ハワイ Part2:ヤゴ・ドラ

16歳でバックフリップをメイクしたブラジルの若手エアリアルマスター:ヤゴ・ドラ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)