2018年にCT入りを果たしたフロリダのキャロリン・マークス「Caroline Marks」(17歳)。

ワールドツアー入りはウイメンズの最年少記録となる15歳の事でしたね。

今回の動画は、キャロリン・マークスによるローワーズ(ローワー・トレッスルズ)でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ツアールーキーであった2018年は初戦から物怖じしないサーフィンで5位と言う記録を残したキャロリン。

その後は3イベントで3位という結果を残し、最終的にはCTランク8位でフィニッシュしルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得(ルーキーはキャロリンだけでしたが…)。

そんなキャロリンの強みは、オッキーの女性版と言われるほどパワフルなバックサイドアタック。

ウイメンズCTサーファーにはグーフィーフッターが少なく、またバックサイドでのパワーサーファー系もあまりいないのでジャッジから高評価となったのでしょう。

今回の動画の舞台となっているのは、南カリフォルニアのローワーズといったトレッスルズ周辺。昨年の夏に撮影された映像とのこと。

やはり目を引くのはバックサイドでのパワーハックであり、17歳のウイメンズサーファーとは思えないほどパワフルなライディングとなっています。

キャロリン・マークスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事