2016年クイックプロ開催期間中のトッププロによるDバーセッション@オーストラリア

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Dbah sesh during 2016 Quik Pro

スナッパーロックスでのクイックプロとロキシープロの開催期間、スナッパーがサイズダウンでレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)になれば、トッププロが集まってフリーサーフする定番のサーフスポットであるデュランバー(通称Dバー)。

Dバーはスナッパー周辺スポットの中で、最もスウェルに敏感なサーフスポットであり、他のスポットよりもサイズがあるためです。今回の動画は、今シーズンのWCT初戦の開催期間、Dバーでトッププロがフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



Dバーの波はスナッパーほどロングライドできる波ではありませんが、パワフルな波質からトッププロがハイパフォーマンスを狙うには最適。しかも、スナッパーよりもサイズがあることが多いです。

そのため、2014年までは、スナッパーがサイズダウンすればDバーに移動してコンテストを開催することも珍しくありませんでした。しかし、昨年2015年からはDバーで開催されていません。

特に波不足であった2015年は、Dバーではコンテスト開催に十分な波がブレイクしていたにも関わらずと不思議な状況でした。理由については数々の噂が流れていました。

その中の一つとして、2015年から同イベントのスポンサーとなったBOQ(クイーンズランド銀行)の意向だったと囁かれていました。と言うのも、メイン会場であるスナッパーはQLD(クイーンズランド)州に位置しています。

一方、Dバーはスナッパーの隣にあるサーフスポットですが、NSW(ニューサウスウェールズ)州になるのです。そのため、BOQが他州での開催に反対というのも納得できる理由だと思います。

さて、今回の動画に登場するのは、ミック・ファニング、ジョシュ・カー、ガブリエル・メディナ、ジョーディ・スミス、カイ・オットンとなっています。