6年越しのドリームウェイブ!ケパ・アセロが世界最長バレル@ナミビアをスコア

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Kepa and Natxo Skelton Bay

孤高のトラベルサーファーとして確固たる地位を確立しているケパ・アセロ「Kepa Acero」(36歳)、WSLのジュニアイベントに参加する傍らBWT(ビッグウェイブツアー)イベントにも出場するナチョ・ゴンザレス「Natxo Gonzalez」(20歳)。

今回の動画は、アフリカ大陸ナミビアに眠る世界最長レフトバレル「スケルトン・ベイ」へと、ケパ・アセロにナチョ・ゴンザレスという二人のスパニッシュサーファーが向かった映像をお届けします。


スポンサーリンク



ここ数年、世界的に注目を集めるようになり、メディア露出が増えているナミビアのスケルトン・ベイ。砂漠にポツンと存在するスケルトン・ベイは、蜃気楼に浮かぶオアシスのよう、夢の様なブレイクを見せます。

ということで、普段であればエクストリームな場所ばかり狙うケパにとって、今回は珍しく波を主眼においた仲間とのサーフトリップ。

実は6年前にもケパはドリームウェイブを求め、スケルトン・ベイを訪れたと言います。しかし、40日間も粘ってスウェルを待ち続けたにも関わらず、大外しという結果に。

しかし今回は、6年越しの夢を実現するセッションを楽しむ事となります。ちなみに、今回の動画は4月24~25に撮影されたばかりの映像とのこと。撮影日にナミビアからネット公開して、世界に映像を届けてくれたというわけです。

これから季節が冬を迎えることになり、ようやくシーズン入りとなった南半球。今回のスウェルは、スケルトン・ベイでのシーズンを告げるオープンニングスウェルとの事です。

スケルトン・ベイの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

アリッツ・アランブルがスケルトン・ベイから野生動物までナミビア満喫トリップ

世界最長バレルがブレイクするスケルトン・ベイ発見の思わぬ経緯

2008年に初サーフされたロングバレルのスケルトン・ベイ:コリー・ロペス

過去最高と噂されるベンジ・ブランドのGoPro映像