• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

Kelly Slater JBay long barrel

11×ワールドチャンピオンという偉大なる記録を保持するケリー・スレーター「Kelly Slater」(44歳)。

今なお現役ワールドツアーサーファーであるケリーは、今シーズンは過去最悪な成績続きとなっていたものの、クラウドブレイク(フィジー)で3位、Jベイ(南アフリカ)で5位の好成績を残し、徐々にツアーランキングを上げてきています。

今回の動画は、リビングレジェンドであるケリー・スレーターがJベイ(ジェフリーズベイ)でかつて見せたスーパーロングバレルの映像をお届けします。


スポンサーリンク



単調なライディングで面白みがなく、リスキーなマニューバが少ないものの、コンテストで常にハイスコアを出すようなタイプのサーファーはコンテストマシンと呼ばれます。

コンスタントに好成績を残すなら、ジャッジ基準を徹底的に分析してコンテストマシンに徹するのがベストかもしれません。しかし、ケリーは11回もワールドタイトルを獲得しながら、コンテストマシンとは真逆のタイプ。

過去にエアリバースのフルローテーションが一般的ではない頃、コンテストでメイクして見せたのは良い例ではないでしょうか。

サーフィン界の神が見せたコンテストでのベストエアリアル2選:ケリー・スレーター

ギャラリーを沸かせるような最先端マニューバを取り入れたり、記憶に残るような印象的なライディングを見せるからこそ、今でも圧倒的な存在感を放つ影響力のあるサーファーであり続けているわけですね。

今回の動画は、サーフボードのノーズにステッカーに見えるので、クイックシルバーのライダーであった時代の映像でしょう。少し古い映像なのですが、これぞケリーといったロングバレル。

誰もが潰されたと思うほどのディープなポジションでありながらも、しばらくすると再び姿を現すことに。バレル内では確実にフォームボールに追いつかれていたと思うのですが、一体どんなマジックを使っていたのでしょうか(笑)。


ケリー・スレーターの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ケリー・スレーターがトム・キャロルにスケート指導した90年代前半の貴重映像

呼吸法のトレーニング中にケリー・スレーターが失神する衝撃映像

ケリー・スレーターがタバルア島(フィジー)で「バナナ」モデルをテストライド

スレーターデザインズの新モデル!?ケリーがサイモン・アンダーソンのボードをテストライド

ケリー・スレーターも出演するボルコムライダーのマウイ島ウインターセッション

ケリー・スレーターが過去最大のスランプ!身近なサーファーが考える理由とは

ケリー・スレーターが44歳!これまでのダイジェストサーフ動画&伝説を振り返ろう

フリーサーフの関連記事
  • ペルーでマニューバ重視のフリーサーフ:ヤゴ・ドラ
  • フィリペ・トレドが見せるモダンサーフィン
  • 雨季のバリ島の波とは?
  • ペルー
    ロングライド可能なレフトのポイントブレイクなら南米ペルー@2016/1
  • イタロ・フェレイラがハワイで見せたスイッチスタンスでの驚愕ライディング
  • セバスチャン・ジーツ
    マーギーズプロのカーヴィングから一転!セバスチャン・ジーツのエアリアルサーフィン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事