現在サーフシーズンが終盤に差し掛かっている南半球。

北半球が夏という事で季節が真逆となる南半球がウインターシーズンというわけですが、何も南半球の国だけがサーフシーズンというわけではありません。

北半球の国であっても、南向き沿岸には南半球で発生したスウェルが届くためです。

今回の動画は、先日タヒチへとヒットしたモンスタースウェルがハワイのオアフ島サウスショアに押し寄せた際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


南半球がサーフシーズンの時期に、北半球でもシーズンとなるエリアは多々あり、最たる例はアメリカ大陸の国ですね。

南カリフォルニアの多くのエリアは南スウェルが入る時期がサーフシーズンとなりますし。

その他には、メキシコやエルサルバドルといったサーファーにとっては馴染み深いサーフカントリーも該当します。

さて、今回フィーチャーされているのはハワイのオアフ島で、オアフ島の場合はノースショアは北半球のウインターシーズン、サウスショアは南半球のウインターシーズンがサーフシーズンとエリアによって分かれます。

そして今回の舞台はオアフ島サウスショアで、8月13日にタヒチへとおよそ10年振りに押し寄せたモンスタースウェルが、4日遅れでオアフ島サウスショアに届いたとのこと。

動画を公開したのはオアフ島ノースショアをホームとするフリーサーファーのメイソン・ホー「Mason Ho」(32歳)。

メイソンが入ったのはサウスショアではメジャースポットとなるアラモアナボウルズで、8月17日だそうです。

MSWで8月17日の波情報を確認すると、スウェルがピークに達した午前9時には5~8フィートをマークしています。

メイソン・ホーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事