• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
ドックスロックス

via dockslocks.com

サーファーにとっては何よりも大切なサーフボード。なのですが、悲しいことに、海でのサーフボード盗難は跡を絶ちません。

最も狙われやすいのは、サーフボードキャリアを使用して車の屋根にサーフボードを固定する「外積み」。車内にボードを積む「中積み」と異なり、外積みの場合は固定しているストラップをハサミなどで切ることで、簡単に盗難できるためです。

今回の記事は、外積みするサーファーのサーフボードを守るためのセキュリティグッズを紹介します。


スポンサーリンク



車でのサーフボードの運搬は、可能であれば中積みがベスト。とは言うものの、車のサイズや乗車人数といった理由から外積みを余儀なくされる場合もあります。

そこでセキュリティ対策として、手軽に使えて有効なのが「DocksLocks(ドックスロックス)」。ドックスロックスの基本的な使い方は、リーシュプラグに本体(車のリモコンキーのような見た目)を付け、その本体に暗証番号式のケーブルを通して車に装着。

大抵のサーフボードであればリーシュプラグは付いているので、上記のやり方で使用することが可能となっています。しかし、トラディッショナルログなどで、リーシュプラグのないタイプも稀にあります。

リーシュプラグがない場合は、フィンボックスにクリートと呼ばれる金具を使用。

クリート via dockslocks.com

クリート via dockslocks.com

上記写真のクリートをリーシュプラグの代用として使い、ドックスロックスの本体を付けることになります。実際の使い方は、記事最後の動画をチェックして頂ければ分かると思います。

さて、サーフボードの盗難に関して、盗む方が悪いのは間違いありませんが、隙を与えないように盗難防止対策することも重要です。外積み派のサーファーはチェックして見てはいかがでしょうか。


グッズの関連記事
  • オーストラリアではサーフィン用マスクがトレンドになるの?
  • ワックス落としの手間が省けボードはクールに見えるシート「ワックストラック」
  • 前方のトラックが360度回転するスケートボード「サーフスケート・インダストリーズ」
  • 海水浴客にも参考になるサーファーの日焼け対策
  • ビッグサイズのマウイ島ジョーズでジェットサーフ:カイ・レニー
  • 飛行機でのボードチャージをごまかすボードケース「スマグラーシリーズ」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事