2×ロングボードワールドチャンピオンのケリア・モニーツ「Kelia Moniz」(26歳)。

今年は久しぶりにコンテストシーンに復帰したりと話題になっていますね。

そんなケリアがオーストラリア滞在時、レジェンドシェイパーであるボブ・マクタヴィッシュ「Bob McTavish」(75歳)にサーフボードをシェイプしてもらうことに。

今回の動画は、ボブ・マクタヴィッシュによるケリア・モニーツへのサーフボードシェイプからケリアのフリーサーフィンまでの映像をお届けします。


スポンサーリンク


オーストラリアのバイロンベイを拠点に1962年に自身のサーフボードブランドを立ち上げたボブ。

Vボトムを開発したり、60年代後期のショートボード革命に携わったりと、レジェンドシェイパーにふさわしくサーフボードの変革を担ってきた存在です。

そんなボブのもとを訪れ、サーフボードをシェイプしてもらうことになったのがケリアで、ケリアのメインスポンサーであるロキシーから公開されているのが今回の動画。

ブランクス選びからスタートし、シェイピングやグラッシングを経て完成したサーフボードを持っての初サーフ。

最近ではモールドボードも増えていますが、ハンドシェイプボードは味わいがあって良いですね。

パート1

パート2

ケリア・モニーツの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事