アレックス・スミスが訪れたグラジガンことジャワ島(インドネシア)のGランド

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Alex Smith

インドネシアのジャワ島に位置する高速レフトハンダーがブレイクするGランド。グラジガンベイにある同サーフスポットは、日本では「グラジガン」という名前が一般的ではないでしょうか。

ロンボク島のデザートポイント同様、インドネシアを代表するサーフスポットの一つであるGランドは、今ではバリ島からボートチャーターで容易にアクセス可能であるものの、誰もが簡単に乗れる波ではないですよね。

今回の動画は、アレックス・スミスとフォトグラファーのブレント・ビールマンがジャワ島のGランドを訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



Gランドが発見されたのは、さかのぼること72年のこと。バリ島へのフライトに乗っていたアメリカ人サーファーが、飛行機の窓からGランドのラインナップを目にして「こりゃヤバい」と大興奮。

バリ島到着後、仲間と一緒に70ccバイクに乗って3日間走り回り、ようやく探し当てたサーフスポットと言われています。

その後、Gランドを探し当てたメンバーの一人であるビル・ボユムが、兄弟のマイクと共に簡素な宿を建設し、その宿が現在では世界中にあるサーフキャンプのプロトタイプと言われています。

ちなみに、その宿を訪れたお客さん第一号グループの一人が、ジェリー・ロペスであったのは広く知られていますね。

参照記事:「Is the world’s first-ever surf camp at G-Land still the best?

そんなGランドをメインにした動画ですが、サーフシーンのみではなく、バリ島都市部などとは異なったインドネシアらしい雰囲気が感じ取れる内容となっています。

アレックス・スミスとブレント・ビールマンの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

二ヶ月で9つの島を回ったインドネシアトリップ:アレックス&コア

アスリート並みの生活を送るサーフフォトグラファー/ブレント・ビールマンの素顔