5年以上毎日サーフィンを続けたカリフォルニアのサーファーガールのストーリー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Meg Roh’s Instagram

南カリフォルニアのオレンジカウンティで暮らすごく一般的なサーファーガールであるメグ・ロー「Meg Roh」(18歳)。

一般的なサーファーガールと言いながら、メグは凄い記録を達成したのです。その記録とは、連続してサーフィンした日数が何と2,000日以上。年数にして見れば5年以上となり、毎日必ず海に入っていた事実は並大抵のことではありません。

今回の動画は、メグ・ローが毎日サーフィンを行う事になったきっかけ、困難、今後について語った映像をお届けします。


スポンサーリンク



2,000日以上という記録の始まりとなったのは、メグが12歳であった2011年7月1日。サーフコンテストで良い結果を得るための練習として、毎日サーフすることを決意したと言います。

結果として、コンテストで優勝を果たすことはできなかったものの、練習に加えハッピーになれるとのことで、連日サーフィンという習慣を続けることに。

時には40度近い熱を出しながら海に入ったこともあったとか。高熱であることを母親に知られたら止められるので、「体温を測りなさい」という母親の静止を振り切って海に入り、帰宅時には目眩を起こしたと言います。

無茶を犯しながらも、先月11月、2,000日連続サーフィンを達成したメグ。ここまで来ると、さらなる記録更新を狙うのかと思いきや、記録中断は目の前とのこと。

「私の誕生日に、友達たちと(内陸の)国立公園にキャンプに行くから」というのが理由。意地でも連続記録を更新していたように思えたメグでしたが、意外とアッサリとしたものですね(笑)。

実は連続サーフィン日数を重ねていたメグの試みは、これまでにもメディアで報じられていました。そのため、数々のサーファーがメグにインスパイアされ、海で声を掛けられることがあったと話すメグ。

自分のためにやっていたことで、周りの人にも良い影響を及ぼすとは、素晴らしいストーリーではないでしょうか。

*40年以上連続サーフィンを続けたサーファーの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ギネス記録にも認定!40年以上毎日サーフし続けた男:デール・ウェブスター

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)