GoProがアメリカ国内で太っ腹な下取りディスカウントプログラム「Trade-Up」をスタート

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Photo: GoPro

サーファーにとっては定番と言えるほど浸透しているアクションカメラブランド「GoPro(ゴープロ)」。

日進月歩のテクノロジーに伴い、GoPro製品も進化を続けているので、数年も経てば新商品を手に入れたくなってしまいますよね。そんな希望を実現させてくれる「Trade-Up」プログラムがアメリカ国内を対象にスタート。

今回の記事は、GoProが発表した「Trade-Up」プログラムに関する内容をお届けします。


スポンサーリンク



GoProが提案する「Trade-Up」プログラムとは、最新のHero5を手に入れたい旧型のGoProオーナーに対し、旧型を返却するならばディスカウント価格で最新型を提供するというもの。つまりは下取りです。

しかし、ただの下取りという枠を超えています。旧型のコンディションがどのような状態であろうが問わないのです。浸水していようが、部品が無くなっていようがお構いなし。

ディスカウント額は、「Hero 5 Black」は100ドルオフ、「Hero5 Session」は50ドルオフ。

旧型の下取りから最新版発送までの流れは以下の通り。

上記チャートの真ん中を見て頂くと分かる通り、旧型をGoProに送る際の送料はGoProが負担するとのことで、太っ腹なプログラムであることが分かります。

ちなみに、前述している通り、現時点において同プログラムが利用できるのはアメリカ国内に限定されています。日本でも利用できるようになれば良いですね。

———-

参照記事:「GOPRO LAUNCHES FIRST-EVER CAMERA TRADE-UP PROGRAM

———-

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)