オーストラリアで古くから知られるスラブ系ミュータントウェイブのシャークアイランド

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

波がブレイクしていく過程で、地形の影響からフェイスに段差が発生したりする癖波。

段差の発生する癖波は、特にビッグウェイブともなれば、波のフェイスが突然変異するといった意味合いからミュータントウェイブとも呼ばれています。そんなミュータントウェイブの宝庫と言えばオーストラリア。

今回の動画は、オーストラリアでスラブ(slab:底ボレするバレル)のミュータントウェイブとして古くから知られるサーフスポット「シャークアイランド」の映像をお届けします。


スポンサーリンク



オーストラリアのミュータントウェイブと言えば、現在有名なのは昨年レッドブルイベントの開催されたケープフィア(またはアワーズ)やタスマニアのシップスターン

トウインサーフ(ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るスタイル)限定のサーフスポットである西オーストラリアのザ・ライトもまた、ミュータントウェイブに近いブレイクを見せます。

では、なぜオーストラリアでは多くのミュータントウェイブスポットがクローズアップされているのか!?オーストラリアはサーフィン大国であり、サーフィンのレベルが高いことはもちろんのこと、カルチャーとしても成熟しています。

そのため、新たな方向性を求めるサーファーが出てきて、一般的にグッドウェイブと呼ばれる波とは異なるミュータントウェイブを乗りこなすことに情熱を注ぐ存在が増えたためなのかもしれません。

ちなみに、今回の動画では古い映像も含まれていて、ケリー・スレーターの姿もあります。ケリーは過去にケープフィアにもチャージしたりと、サーフスポットならばビッグウェイブスポットだろうが関係なしですね。

*シャークアイランドで昨年開催されたコンテストの過去記事

必見!レッドブルイベントと同日に開催されていたボディボーダーのスラブセッション
フィジーで開催されていたワールドツアーイベントも影を潜めるほど、世界中のサーファーを熱狂させたビッグウェイブイベント「レッドブル・ケ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)