プロサーファーならば、誰もが使用していると言っても過言ではない小型水中カメラのGoPro。よりバレル内部からの映像をリアルに感じてもらおうと、カメラを口にくわえる「バイト・マウント」or「マウス・マウント」というスタイルが主流となっています。

そのGoProが現在、「GoPro of the World」というイベントを開催しています。内容は、2014年5月1日~9月30日の間に撮影されたGoPro映像の中で、毎月ベスト映像が選ばれ、最終的に月間ベストの中から一番の映像が絞り込まれます。優勝者には賞金2万ドルが送られるとの事です。

今回の動画は、上記イベントのエントリー作品としてアップされた映像で、過去最高の映像ではないかとサーフ業界で騒がれているものです。ライダーは、南アフリカ出身で若干18歳のベンジ・ブランド。撮影場所は、アフリカ南西部に位置するナミビアのスケルトン・ベイです。

この映像の凄いところは、波のクオリティですね。ロングバレルのセクションを抜けると、再びロングバレルのセクションが迫ってくるという、グーフィーフッターには夢のようなコンディション。

実際のライディング時間は、一分ほどのロングライドだったようです。バレルをメイクした後に、カメラを自分に向けてストークしている様子が、いかに最高な波であったのかを物語っていますね。


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事